toggle

レインドロップ

植物  


古代より植物の持つ香りや成分は人々の生活と共にありました。
医療や宗教的儀式や若返り、痛みを取ったり、媚薬として用いられたり
生命力を呼び覚ますものとして大変貴重なものでした。

エッセンシャルオイルを使った代表的なテクニックとして
セラピー等級のエッセンシャルオイルを雨の滴のように、一滴ずつおよそ50滴近くを背中に垂らしていく手技(ヒーリングマッサージ)です。 カナダのネイティブアメリカンが行っていたものにオーロラのエネルギーを背中から送り込むヒーリングというものがあり、創始者のゲリーヤングさんがその療法にヒントを得て開発されたアロマセラピーです。
背骨は魂の中枢に繋がると言われ、その部位は古神道やカバラ、TAO哲学、アーユルヴェーダなどでも重要視され大切に扱われるところです。 高品質、高波動のエッセンシャルオイルは、心と身体、エーテル体やチャクラに働きかけ、ネガティブなエネルギーを浄化し、エネルギーバランスを整えます。 植物の持つ特性により自然に感情解放が行われ、不必要なエネルギーがリリースされ、必要なものを補うよう調整が行われます。
医療等級のエッセンシャルオイルによって脊髄にたまった老廃物や感情などの毒素を排出し、ネガティブな感情やエネルギーを浄化していきます。 体内の毒素を排出することでさらに霊性(スピリチュアリティ)が高まり、より快適な状態へと導きます。
PMS フェノール、モノテルペン、セスキテルペンという化学式に表されるエッセンシャルオイルの特性に細胞の修復や組織の再生や間違ったDNAの情報の書き換えを行うというものがあります。 化学物質を一切排除した純度の高いエッセンシャルオイルは人間の血液にあたり、それは人の体内組織構造と同じ仕組みをしています。 だからこそ体内に入ったとき即馴染み、即効性があります。

エッセンシャルオイル

 


エネルギーの均衡と筋肉緩和を促進するエッセンシャルオイル
・オレガノ(Origanum compactum)
・タイム(Thymus vulgaris)
・バジル(Ocimum basilicum)
・サイプレス(Cupressus sempervirens)
・ウィンターグリーン(Gaultheria procumbens)
・マジョラム(Origanum majorama)
・ペパーミント(Mentha piperita)
さらに「エネルギーバランス・ブレンド」と「筋肉リラックス・ブレンド」の2種類のエッセンシャルオイル・ブレンドが組み込まれます。

レインドロップによって、骨格の調整や、脊髄またはリンパに溜まっているウィルス等を除去する効能について報告があり、それは抗菌・抗炎症効果やリラックス効果の高い医療等級のエッセンシャルオイルの力によるものです。
デトックス効果は肉体のみならず、これまで引き持ってしまった不必要な概念や囚われ、ネガティブな感情を一掃し、
生命エネルギーの流れを良くすることで、本来のバランスを取り戻していきます。
健在意識と潜在意識の狭間や 超意識(トランスパーソナル)を体験する方が多く、 そのことによって病の原因を創り出しているこだわりが手放せたり、 本来の生命力を呼び覚ますことによって、自由な意識を得られるようになっていきます。

レインドロップ

ベーシック講座初日に習得します。