水星逆行中はアロマ音叉療法を受ける絶好のチャンスです。

友人の占星術家によると、今年最後の水星逆行が始まる

00330003
のが12月3日から〜12月23日までなんだそうです。水星逆行というと、交通機関が乱れたり、通信機器のアクシデントなどネガティブなイメージをお持ちかもしれませんね。
ところが地球と水星の関係では「微分音」という微細な周波数が強化され、ヒーリングエネルギ–が細胞間の隙間に浸透していくので、セッションには、より適した時期となります。
年明けから、「自分を生きろ!」という宇宙から降り注ぐ周波数は強化され、「自分でない自分を生きてる場合では無い〜!」という現象はますます強まることでしょう。
自分本来の固有の振動数を生きはじめると、とても満たされていくことに気づきます。人は自分を満たしてあげただけ、優しくなれるのだと思います。”もっと自分を大事にしよう”と思った時、何を選びますか?施術を受ける喜びは、自分自身をいたわることの宣言。アロマと音叉の療法で、時空間をトリップする体験を!時間はある意味絶対的なものという概念が書き換えられるかもしれません!? 自分を喜ばせる最高の方法のひとつに、「アロマ音叉療法」を加えていただきたいのです。もっと気軽に自分自身をケアする習慣が増えるといいなと願っています。

協会が4周年を迎えました。

協会が4周年を迎えました。

本日はご報告したいことがあります。
先月、10月24日、五感療法協会はおかげ様で4周年を迎えることが出来ました。
ここまで来れたのは支えてくださった皆さまのおかげです。
本当に嬉しいです。ありがとうございます。

思えばここ数年間は実にいろんなことがありました。
様々な体験という財産を得られた凝縮した数年間だったように思います。
どれだけの愛と祝福と応援のエネルギーを寄せてくださったことか。

私の器が小さくて、どうしても受け入れられない、と顔を背けたとき、
時間に追われギリギリで駆け込むような事態がおきたときも、
課題難題が来たときに、手を差し伸べてくださった方々。
何とお礼を申し上げてよいのか、感謝の言葉もありません。

私がここまでやってこられたのは、皆さんのお陰です。
ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

この夏、獅子座新月が2回ありましたね。獅子座のクリエイティブなエネルギーに煽られて、
1999年に発足し、仕事の形態が協会へ移行してからしばらく休眠していた株式会社Sun&Moonを復旧させました。

春先に桜新町に移転してきて、早5ヶ月が経ち、さあ、いよいよとここから本気のアップデートに取組む時期
言葉を変えて言うと、私は自分の人生において今、本気になる時期だと思っています。

好きかキライか,やりたいかやりたくないかがさらにさらに加速しているようで(元来かなりのマイペースです)
それは、周りに対して本気で優しくしたいから、という裏返しでもあります。

みなさんも、今、人からどう見られるのか?といった消極的な部分が削ぎ落とされ、本質を味わう。という段階にいるご自身を感じていらっしゃるかもしれません。

様々なことに真価が問われていく蠍座木星期。占星術師の友人SugiyamaYouichiが言うには、「極限の中で見出す自己存在価値」の時代なのだそうです。

周囲に流されるのも悪くはないかもですが、(本気じゃないときって、周囲に大切なことを委ねがち。それはそれで楽チンかもしれません)ですが、今この時期、ここは本気で自分の人生に面白いものクリエイションしていくゾ!とコミットしていく時期かと。という意味で、協会4周年の節目に株式会社を復旧させ、法人化を図ったというわけです。

これから BtoCに加え、BtoBのお仕事も増えて行くといいな、と思っています。
皆さんが手を繋ぎたいのはどんな人ですか?そして、創り上げたい世界はどのような世界ですか?
夢は叶うから心に宿る、と聞いたことがあります。この文章を読んでくださっている皆さん、お一人おひとりが夢を叶え、喜びいっぱい人生を謳歌されますように、と願っています。

先日、このタイミングでバンコクへ行って参りました。
ご報告までにお伝えすると、今回の渡航の目的は一つには本場のトリートメントスキルを学ぶため
もうひとつは商品開発に目を養う目的もありました。(またこのことはいずれ改めてお知らせして参りますね。)

食べ物も美味しかった!滋養を感じるソウルフードの数々。
副産物的に得られたことは、現地の女性と仲良くなる機会があったことです。
バンコクの女性はバイタリティーに富んでいます。とても前向き。そして明るくて笑顔がとても素敵です。
過酷な人生かもしれない、だけど私は笑顔を選ぶ。という意志が感じられるようでした。
彼女達の笑顔を通じて降り注がれる周波数が私に活力をくれました。
Khob khun Krab/Ka . ありがとう!!また来るね!
バンコクでお世話になった皆さま、本当にありがとうございました。

4周年と会社復旧、大きな節目を向かえられ、大好きなおしごとを続けていられることに感謝します。
これからもますます精進して参ります。御愛顧の程、どうぞよろしくお願いします。

株式会社Sun&Moon
ごあいさつはこちらから

株) Sun& Moon

さらにクオリティーを上げていきます!

さらにクオリティーを上げていきます!

明日からバンコクへ行って来ます。

目的は、アロマ音叉療法をさらにレベルアップするため
セラピーとしての考察を深めるため。

アロマ音叉療法でアプローチするのは
Body, Mind, Spirit
音と香りの特性が
各レイヤーとしての構造を持つ体へ働きかけていきます。

当然ながら、同じセッションが繰り返されることはなく
目の前のクライアントさんの主訴に合わせ、毎回違う施術となるわけですが、
働きかける場所もその都度。

であればもちろん学びも尽きることなく、
Body,
Mind,
Spirit



と、螺旋を描くように続いていきます。

今月、さらに磨気をかけていくのは「身体」
ボディーへのアプローチ。

各国の療法家さんとの出会いはまた、私の魂の喜びです。

帰国後、さらなるクオリティーでご提供出来ますことを楽しみに
行って来ます〜。

★アロマ音叉ベーシックセラピスト養成講座★
古代から伝わるアロマオイルを使ったセラピー
+オイルトリートメント
+音叉療法が融合された施術方法です。
嗅覚や聴覚、体感覚など五感を通じて働きかけ、
ストレスの緩和や疲労感の回復、
不調の改善等を行っていきます。
【アロマ音叉の施術】
アロマと音叉によるタッチングケアトリートメント
アロマオイルを使用したハンドタッチで全身を優しく撫上げ、パワーストーンを装着した音叉を使ってトリートメントを行います。
音の響きや振動で体を緩め解し、精油の薬効成分が自律神経を和らげ疲労回復やストレスの解消に役立つ技術です。
耳や皮膚から音を響かせていく方法や体に直接振動をいれていく方法、着衣のまま行うアロマ音叉療法、脱衣で行うアロマ音叉療法、他を習得します。
精油と音叉を使用して行う、シンプルかつパワフルな施術。
それが新アロマ音叉療法です。

【アロマ音叉ベーシック講座】
■1123期: 11月23(木/祝)、11月24(金)、11月25(土)
いずれも10:30~18:00(途中ランチ休憩あり)

10月のアロマ音叉療法講座ご報告

10月のアロマ音叉療法講座ご報告

10月の3連休、世の中的には行楽シーズン真っ只中ですから、郊外に出向き、自然に戯れ、ナチュラルな周波数を浴びた方も多かったのではないでしょうか?
ここJFSTAでは、アロマ音叉療法ベーシック講座を開催しました。
”新しい周波数”に触れられて、その時だけの満足ではなく、後から何かを生み出していくことが出来るもの。
オトナの遊びって、そういうことなのでは無いかしら?
”新しい周波数”とは、知識や概念や情報やテクニックや、またはその場で出逢う人との交流や、皆で作り上げる”場”だったり。
それらの一つ一つが、自分の細胞に息吹をもたらしてくれるのを感じます。
生命力の活性化につながるのは、美味しいものとの出会いというのもありますね。
今回、ランチタイムに皆さんと食したお味噌汁は、なんと528HZの音叉を聞かせて熟成させた、528Hz味噌入り。
ふわーっと口の中でフルーティーな後味残る始めての舌感に感激でした。事務局の典子さん、ごちそうさまでした。
そして講座にご参加いただいたのは、今回もまたまた癒しのプロの皆さま方。療法に対する探究心や考察の深いこと!
おかげさまでますますこの療法が実際のサロンで、クライアントさんの生命力の活性化に繋がる【現場感】を感じさせていただきました。
ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。
明日はミドル講座2日目、またまた皆さんと身体考察を楽しみます。
ご報告お楽しみに!

アロマ音叉ミドル講座第一回目が終わり

アロマ音叉ミドル講座第一回目が終わり

昨日より始まりました、秋のアロマ音叉ミドル講座。

午前中のレクチャーは、音と香の療法の成り立ちと全体性。複数の感覚器官(五感)へ同時にアプローチすることの卓越さに触れ、
午後から、8名の皆さまと施術の実践を行いました。
回を重ねるごとにパワフルさが増して来た実践講座。おかげ様で今期で7回目となります。
今期、島根県出雲市、三重県四日市市と、ご遠方から遥々ご参加くださり、(といってもおふたりともとても軽やかなフットワークをお持ちで、全く距離を感じさせない方々)ありがたい限りです。
ご職業もセラピスト、ヒーラー、医療従事者と専門家チームだけあって、さすがにみなさんキラリと光る感性をお持ちでいらっしゃる。
音の療法を実践される方というのは、どうも過去(世?)において極めていた方々なのであろうと思わされる、何と言いますかツールの捌き方が素晴らしくお上手で、独自の精妙な感覚を最初からご披露くださるのでした。

昨日の自分より今日の自分、他者へ施せる何かがひとつでも増えるというのは、自分を幸せにする方法のひとつ。そして、実際にそれを施すことによって、楽になってくださる方がいて、同時に自分の波動も整っていく。
自分を源に波長共鳴が生まれ、自然と幸せという良い波動が広がっていきます。
来年度より、インストラクター生に向けての新しい「惑星音叉・れ・びゅーセミナー(仮称)」も決まり、
セラピーの現場で音叉を自由自在に扱っていかれる方々が増えていかれることと思います。

「未来の医療は音である/byエドガー・ケーシー」の言葉を借りれば、
その未来とは、まさに今なのかもしれません。

次回のアロマ音叉ミドル講座2は、10月11日(水)となります。またのご報告をお楽しみに!

好きの純度をあげていく。そしてそれを生業とする喜び。

好きの純度をあげていく。そしてそれを生業とする喜び。


こんにちは。台風の影響は如何でしたか?皆さまの周囲が惨事に巻き込まれることなくご無事でありますように。

さて、この乙女座新月前の3連休、如何お過ごしでしたでしょうか?
秋分以降〜新しい流れがやってくると多くのリーダーが語られていますが、
新月前のここ数日、まさに「始まり」の前の「禊(みそぎ)」のような浄化の嵐でした。

JFSTAでは、先日アロマ音叉セラピストから9名がインストラクターとなられ、
ここから音と香のセラピーが本格的に皆さんにお届け出来るようになるものと思われます。

う〜ん、楽しみです!秋分以降〜誰もが魂の決めてきたことに従って「生き方」と「行き方」、
ライスワークとしての仕事と、ライフワークの統合を叶えていかれる道が整うようです。
そうなると、チャリン〜というコインの音を聞きたいために仕事をしていく時代ではますますなくなります。

好きを仕事にしていく。これほど幸せなことは無いのでは?
良い香と音に包まれて、心と身体の健やかさと美しさに携わる事を生業にしていきたい方はいらっしゃいませんか?

今月27日より新しく、アロマ音叉ミドル講座がスタートします。
魂の本質に立ち返り、ワクワクや喜びを持って生きることにご興味のある方がいらっしゃいましたら、お問い合わせをお待ちしております。

★耳ツボ音叉が熱いです★

★耳ツボ音叉が熱いです★

耳ツボ音叉療法が人気です。

今日も、クライアントさんから尋ねられました。

耳ツボ音叉、早速体験していただくことに。とたんに「頭回りがスッキリ〜!」とオドロキの声。「一度習得されると、いつでも自分で出来て良いですよ〜。」とお伝えすると、「ええ?自分でも出来るんですか?」と。

そう、以外と知られていないんですね。耳ツボ音叉の習得講座があることを。必要な方に情報が伝わるように、もっと発信せねば!と思った次第です。

小さな器官だけどじつはすごい耳のツボ。全身のおよそ3分の1のツボがここに集まっているんです。耳のツボに「音のバイブレーション」を入れることで、すごいことがおきるんです。

体験会のご案内

詳しくはこちらから〜

 

耳ツボ音叉療法を習いたいかたはこちらも訪問してみてください。

耳ツボ音叉プロジェクトチーム

【祝☆528イイネ!】

【祝☆528イイネ!】

【祝☆528イイネ!】
いつもイイネ!のエールをお送りいただき、まことにありがとうございます。本日、記念すべきイイネ!の数が「528」となりました。日本五感療法協会がもっとも推奨する周波数と同じ数です。
528Hzは、傷ついた細胞を修復し、ハートをオープンにし、自己治癒力を高めると言われている愛の周波数です。
おひとりお1人の心の内に、愛と平和の共鳴波が広がりますように。外部のノイズに翻弄されず、内なる安らかさと共にありますようにと願いを込めて〜

これからもどうぞよろしくお願いします!

(clap)(clap)(clap)(clap)(clap)
2つのインストラクター講座が終了しました。

2つのインストラクター講座が終了しました。

9月に入り、夏の陽射しが復活しているようなお天気が続いてますね。
JFSTA協会ではこの9月、2つのインストラクター講座を終え、9名の認定講師が誕生しました。
4日に開催された耳ツボ音叉インストラクター講座と、10日から3日間連続で開催されたアロマ音叉ベーシックインストラクター講座。
座学では、プラクティショナーから指導者へ、立ち位置を変えるためのワークを行いました。
いつもは使わない脳の部位をフル回転させて真剣に取組んでいただきました。
アロマ音叉ベーシックインストラクター2日目は実技指導。からだの使い方やエネルギ–の保持の仕方、施術で大事にするポイントのあれこれを細やかにお伝え。みなさん、テクニックと技術が格段に向上され、ぐっと講師としての貫禄が。教える人が一番学ぶ。の法則にあるように、これからは、施術を提供する喜びと、教える喜びを共に味わっていただけるようになります。施術技術のクオリティの高さを維持するためこれからも定期的に練習会やブラッシュアップの会が用意されていますのでどうぞご活用ください。先ずは初秋、2つのインストラクター修了おめでとうございます。皆さまの益々のご活躍をお祈りしています。

Aroma Tuning Fork サロン[ A☆T CONNECT ]

Aroma Tuning Fork サロン[ A☆T CONNECT ]

Aroma Tuning Fork サロン[ A☆T CONNECT ]では、
アロマオイルと音叉やチャイムバーなど音と香を使ったハンドタッチのトリートメントセッションを行っています。

使用する音叉は宇宙の惑星周波数、話題のソルフェジオ音階、神聖幾何学の真理が宿るピタゴラス音階、DNA螺旋構造の鋳型フィボナッチ音叉などなど。

精油は国産〜海外ものまで3〜4メーカー。どれもオーガニックメディカルグレードの精油です。

クライアントさんの症状に応じ、精油と音叉、周波数の組み合わせを選んでご提供いたします。
音も香も目には見えませんが確かにそこに在るもの。
大切にしたいのは五感へのアプローチと体感覚。
心と体と精神と切り離せないもの。
コネクト(繫がり)を強化して、あなたらしさという、誰もが持つ固有の振動数を呼び覚ますお手伝いをいたします。

個人セッションでは、”講座に興味はあるけれど、どんなことするの?”や、
”自分でも出来るようになる?”又は、”今のセラピーやヒーリングのメニューに取り入れられる?”
などなど、ご質問やお問い合わせも承っております。
続きはこちら〜

熱中症かな?と感じたら

熱中症かな?と感じたら

Smiling young woman in sunglasses talking on the phone and sun shines behind her back

ここのところ暑い日が続いてますね。

「食欲がない〜。頭痛い〜。胃がムカムカする〜。」という友人の声。
それって熱中症では?と思い、
「熱中症で頭痛と吐き気が続くときの対処法は?」をnetで探してみました。

熱中症で頭痛や吐き気などの症状がでたときの対処法は、「水分補給」「冷やす」「休む」が基本なんだそうです。(フムフム、ごもっとも)

「のどが渇いたな」と感じる前に水分を摂ることがポイントだそうで
私もデスクワークなど集中していると、つい何時間も水分補給しない時がありますから、気をつけなくっちゃ。

そもそも熱中症になってしまうのはなぜなんでしょう?
体温調節機能がうまく作動しないから?
ということは自律神経の機能が落ちてるってことでしょうか。

人間の各器官(肺・心臓・血管・消化管・膀胱・子宮・内分泌線など)は、自律神経と呼ばれる交感神経・副交感神経の2つの神経によって支配されています。(いしゃまちhttps://www.ishamachi.com/?p=9917サイトより〜)

自律神経失調症の症状のいろいろ

全身症状:倦怠感、疲れやすい、眠気、食欲不振、身体がだるくて重いなど
頭:頭痛、頭が重い、ぼーっとするなど
呼吸:息苦しい、息切れなど
心臓:動悸、胸が苦しい、ふらふらする、立ちくらみ、不整脈、血圧の変動など
消化管:胸焼け、胃がむかむかする、吐き気、下痢、便秘、みぞおちの痛み、お腹が張りやすいなど
膀胱:トイレが近い、残尿感がある、尿が出しにくいなど
生殖器:月経不順、月経痛、不感症など
その他:冷え、のぼせ、しびれ、震え、耳鳴り、ほてり、肩こり、腰痛、目の疲れ、口の渇き、めまい、汗をかきやすい、不安感、イライラ、緊張、不眠、皮膚のかゆみなど

これらの症状、音叉とエッセンシャルオイルで対応出来ちゃいそう〜。なーんてアロマ音叉オタクの私は
つい思ってしまうのですが、これらは単に最終段階で表れてくれている「結果」でしかないのですよね。

同サイトに「自律神経失調症の最も大きな原因は過度なストレスや生活習慣の乱れから」
とありました。

やっぱり根本原因はそこにあるのですね。

生活習慣。。。ひいき目に見ても、”問題なし、バッチリです。” とは言えないものがありますゆえ
過酷な気温のこの季節。良質な食事と睡眠、心がけたいものです^^

夏バテには気をつけて暑い季節を乗り越えて参りましょう♪

ーーー

〈お知らせ〉

新しいアロマ音叉療法ベーシック講座では「使えるアロマ音叉」
ということで「自律神経を整えるワーク」を入れています。
周波数療法の得意なところ、どんどん活用していきたいですね。

今月20日は練習会を行います。
今月の症状別プロトコルは、熱中症対策のひとつにご活用いただけそうな
「嘔吐/吐き気」のアロマ音叉ワークです。

ご参加の方はinfo@5kan.tokyoまでお知らせください。

【アロマ音叉療法 実践 練習会】

■日時:2017年7月20日(木)13:00-17:00
■場所:AT CONNECT(桜新町コスモスパジオ302)
■持ち物:施術に必要なアイテム一式(VRT/AOT)
■料金:1,000円/税込
■連絡先:03−3701−7866
090-4022-2290

ご参加をお待ちしております^^☆

熱中症を疑ってた友人、
一晩寝たらケロッとなったそうで安心しました〜。

”調子がいい”
人生で何より大事なことですね^^

アロマ音叉療法と瞑想

アロマ音叉療法と瞑想

古来から芳香療法は生活の中に医術や料理、美を保つため、宗教的、霊的な目覚めの目的として使用されてきました。不思議な力や治癒力をもたらす香りは儀式としても多くの場で活用されていたのですね。
また、音もまた、同じように古代から特別な力を持つと信じられ、実際に多くの変化をもたらす道具として使用されてきています。
マインドフルネスや瞑想が、脳波をリラックスさせ、心身共に良い状態を保つのに有効だというデータがあるようです。
瞑想に香りや音を用いる場合、アロマオイルのディフューザーを用いたり、BGMを利用して行う方法は心を落ち着けリラックスした状態に近づけるのに効果的です。
様々なポジティブな面が謳われる瞑想ですが、何かと忙しい私たちの日常生活。
日々の業務の他にもインターネットやSNS、中々瞑想の時間が持てない方も多くいらっしゃるかもしれませんね。
目や脳を酷使されている方、肉体のお疲れと共に、脳内疲労も溜まってらっしゃいませんか?
そのようなお忙しい方にこそ、瞑想と同じような至福の時間を持って頂けるアロマ音叉療法はおすすめです。
鎮静・緩和、寛ぎの周波数によって醸し出される音叉の響き、緊張緩和、不安やリラックス効果の高いアロマの香り、そしてハンドタッチによるトリートメントの組み合わせ。3方向からのアプローチによって、脳内のお疲れと共に肉体のケアも同時に行っていきますから、癒しのエネルギーがまるで体全体を包み込むように、立体的に広がっていきます。

先日、アロマ音叉療法を体験頂いた方から、「まるで宇宙空間に漂っているかのような不思議な感覚でした。体に触れてもらっているんですけど、肉体がなくなったような、自然の中にとけ込んでいるような広がりを感じました。」とご感想をいただきました。
瞑想も実践していらっしゃるセラピストさんでしたが、「いつもの瞑想とは違って、もう一つ遠くの宇宙までトリップしたようです。」とのコメントも。アロマ音叉療法の至福の時間をお楽しみ頂けましたこと、A/Kさん、ありがとうございました。

「瞑想がもたらす12の効果とは?」

1. ストレス軽減
2. 疲れにくいからだになる
3. 集中力アップ
4. 平常心が備わる
5. 飛躍的な効率化
6. 直感が研ぎ澄まされる
7. タイミングがよくなる(シンクロニシティ)
8. 願望が叶いやすくなる(引き寄せ)
9. 創造力があふれる
10. 人間関係が良好になる
11. 揺るぎない安心感に包まれる
12. 日常で至福を経験する

https://www.lifehacker.jp/2015/10/151001book_to_read.html
ライフハッカーさん記事より〜

耳ツボ音叉療法

耳ツボ音叉療法

関東近郊、日本全国 お天気がぱっとしないです。
梅雨ですから仕方ないですね。

梅雨と言えば気圧の変化が特徴的ですね。

気象情報によると
「オホーツク海方面にオホーツク海高気圧、日本の南に太平洋高気圧があって、日本付近に前線が停滞する気圧配置。」なんだそうです。

「高気圧の停滞」

これが身体に影響を及ぼしている周波数なのですね。フムフム。

お天気が悪いと気圧の変化に伴って
「古傷が痛む」「頭が痛い」「肩こり」「関節痛」「気分が滅入る」
など、具合の悪い人が増える傾向があり、

これ、一昔前は迷信と言われ片付けられていたようですが、
そのメカニズム、最近は色々と解明されて来ているようですよ。
お天気痛についてのサイト

「お天気痛」

ドイツやアメリカやヨーロッパでは「お天気痛予報」なるものがあるそうです。
日本の「花粉予報」みたいなもの?

症状に苦しむ多くの方が、痛み止めを飲んでやり過ごすことで
その場しのぎをしていらっしゃるのではないでしょうか。

だって痛いんですものね、
仕方ないですよね。

その辛い肩こりや頭痛、我慢してたら何も手に付かず
その日は1日寝込んで終わってしまうくらい重症の方もいらっしゃると思います。

ほんとにお気の毒です。

そんなお天気痛のお助けになってくれるアロマオイルは
ペパーミントやマジョラムなど
気分もスッキリリフレッリュしてくれる可能性もありますし
天然成分の優しい香りと効能が癒しを促進してくれます。

けれど、もっと圧倒的な解放感に包まれる
あるものを使った「技」があるんです。

それは何かと申しますと、、、

「耳鍼付きの音叉」なんです。

天気痛と乗り物酔いのメカニズムは近いらしく、自律神経と深い関係があるそうなんです。

乗物酔いは、「動揺病」または「加速度病」ともいわれ、乗物の揺れ、特に不規則な加速・減速の反復が内耳の三半規管や前庭を刺激することによって起こる自律神経系の病的反応です。
内耳への刺激が、自律神経系や平衡感覚の乱れを引き起こし、その結果、顔面蒼白、冷汗、頭痛、吐き気、嘔吐といった乗物酔いの症状があらわれます。
さらに、視覚や嗅覚からの不快感や、ストレス・不安などの精神的因子も乗物酔いの発現に関与している
といわれています。
乗り物酔いのメカニズム

内耳の神経の刺激をおさえたり、自律神経系や平衡感覚の乱れを整えたり、リンパ液の流れを整えたり
お薬に頼らなくても、もっとカンタンに出来ること、いろいろとありますよね〜。

食べ物、運動、入浴、睡眠、まめに水分を摂ったり生活のスタイルを見直すことで、整っていくことが基本大事ではあります。

はい、もっともです。

そんなこと言われても中々変えられないのよね〜。というのが心情。

忙しい生活のリズムを変えずお天気痛からサヨナラしたい方へ
これはもしかしたら救いの一本になるのではないでしょうか〜????

体験してみたい方
こちらへお問い合わせください。

オドロキの新体験があなたを待っていることでしょう。

入場無料・体験会@恵比寿

(※耳ツボ音叉療法は医療行為ではありません。個人差があることをご了承ください)

時代はあなたを求めている!と思うとき。

時代はあなたを求めている!と思うとき。

Two hands holding the sun and planets in the universe
「10年以内に消える職業。」

これは最近よく見聞きする人工頭脳AIの話題です。2015年にオックスフォード大学准教授のマイケル・A・オズボーン氏が発表した「雇用の未来〜コンピューター化によって仕事は失われるのか」によると、今存在している職業のうちの一部は消えてしまうということです。逆に、10年先も生き残る職業に、対人援助職、いわゆるセラピストといわれる職業が上げられていることをご存知ですか?ちょうど、今読んでいる「セラピストは一生の仕事/谷口晋一著BABジャパン」さんの本に、このことが書かれていて、「これって、すべてのセラピストに当てはまるわけではないな」と綴られており、興味深く読み進めているところです。

昨日5/14の日曜日、ウエサク祭満月に伴って、「今、私たちはすごい時代にいる」というお話をいろんな方がブログ等で書かれているのを目にしたものですから、AIの到来(”到来”という言い方が合ってるかどうかわかりませんが)に伴って、きっとここから大きく変わっていくんだろうな、と感じています。変わっていくのは良い意味での合理的なところ。それが人工頭脳AIが職業を変える、と言われる所以かと思われます。そして生き残る職業にも表れている通り、コンピューターやロボットではどうしても賄えない部分を扱う仕事は、これから益々注目されていくことでしょう。

『1990年代半ばから〜2000年代半ばの「セラピー業界成長期」にセラピスト人口が増加した(同本による)』のもうひとつには、魚座宮の時代から水瓶座宮の時代に入ったといわれる、天体の現象が関わっていると思われます。一体、どういうことか?と言いますと、占星術的な概念をお借りして少し説明させていただきますと、自分が何座生まれかをご存知な方も多いでしょうが、夜空には12の星座があることは占いなどでも知られてますね。太陽がこの12星座を一回りするのには、およそ1年かかります。それが太陽年で、太陽は各星座宮に30日間位置することになります。そして、地球が太陽を1周するのに2,500年から〜2,600年かかります。およそ2,600年ごとに次の星座の宮にひとつづつ、移動するということになります。星座は全部で12ありますから、太陽系全体がその期間、特定の各星座ごとのエネルギーを受けるわけです。周波数という言い方に変えても良いかもしれません。

過去2,600年、私たちは魚座宮のエネルギー(周波数)を受けて日々を送ってきました。(2,600年も!)惑星の周波数の影響は知らず知らずのうちに、集合無意識に働きかけが行われ、生活様式や経済の在り方、価値観など、意識に反映し、文明を発達させてきました。そして今、水瓶座宮のエリアに入った私たちの惑星。過去の周波数の影響は後退しつつあり、新しい時代に移行するということのようです。すごい時代にいると言われるというのはこの辺り。私たち、一人一人が移り行く時代の承認ですから、やはり凄いことだと思います。過去に天体観測を行った偉大な万能人、レオナルド・ダヴィンチは、この時代に生まれたかった、と言い残していると聞いたことがあります。そのくらい、稀なことのようです。

この切り替わりの時というのは、慣れ親しんだ周波数が変わるわけですから、適応に関する葛藤が多く表れるときでもあります。葛藤は抑圧を生みます。肉体的な不調にも多く表れやすいですし、メンタルにくることもあるでしょう。しかし、病院に行って検査しても、どこも悪くない、と言われてしまう。これまでの検査機器に反応しない不調の在り方です。エネルギー的と言いますか、周波数的、と言いますか。そういう微細な変化によって表れている不調に対応するのは、人の持つ「優しさ」や「いたわり」「慈しみ」といった周波数なのかもしれません。そう、人工頭脳AIが推し量れないであろうところです。であればこそ、セラピストの皆さんのおしごとがますます求められる、そんな時代だとも言えるでしょう。むしろ、これからはどのような職業の人にも、セラピストマインドが求められる時代なのではないでしょうか。ちょっと先の未来には、職業という言葉の意味も今とは違っているかもしれませんが。

優しくて思いやりに溢れていて、人の痛みに敏感で、他者の気持ちに心から共感出来る人たち。魚座宮の時代には生き辛さを感じられることもあったでしょうが、そんな美しい魂の持ち主に、セラピストという職業はピッタリ!これからの水瓶座宮は、そんな皆さんの時代です。

ただ今、セラピストの皆さんがどうしたら活躍出来るか?そういった場を作れないかということで、ただ今いろいろと準備を進めています。あなたらしさが益々開花していきますように。

本日も皆さんと周波数を分かち合えることに感謝です。

 

 

そこに愛はあるか?一生をかけるものがあるか?

そこに愛はあるか?一生をかけるものがあるか?

GWが終わりましたが如何お過ごしでしょうか?

ハワイで音叉のブラッシュアップから帰ってきて、私は大きな変革を迫られています。

変革というと、昨日の蠍座満月もまた、本来の潜んでいるものを表に出すあなたの本来の生きる道を指し示す周波数のようですよ。 (Webサイトをリニューアルした関係で、投稿がうまく行っておらず、情報が1日遅れになってしまっていることをお詫びいたします)

さて、お話を蠍座満月という天体ショーに戻しますと・・・。

「人生が舞台だとしたら、単調なのはつまらない」

ゆえに私たちは「出会い」や「試練」を配置して物語を読み応えのあるものに書き進めるのでしょう。

星々の位置関係で言うと、目に見える平面に置き換えることをコンストレーション(布置)と言ったりもします。

蠍座満月は鳴り物入りで場面を変える
”じゃじゃじゃじゃ〜ん♪”
というあれ。

曲調から、今からただごとではないシーンが始まるに違いない。そう悟らせる気配があります。 前回の牡牛座満月に見られる物質的豊かさやラグジュアリー感とはウラハラにとてもディープで視野を絞り込んで深堀りする蠍座の傾向。

そう、Deepなんです。表面的な関係では終わらせない、その奥にあるものを見ないことには語れない。守護星は冥王星。「破壊」と「再生」の星プルートー。冥王星のエネルギーが降り注ぐ時、当たり前を覆すチカラが沸きます。

サビアンシンボルでの蟹座21〜25度は「共感」「社会の在り方を模索する:他者との共感を下敷きにして、さまざまな人と関わりあい、この相互性によって、新しい社会的な価値が生まれる」とありました。

本来の魂のテーマを貫き通す、そのための質量は私に任せなさいとエネルギーを降り注いでくれるのが冥王星。

但し、そこに愛はあるか?それが本当にあなたが一生を通して取組むべきテーマなのか?これが重要な要素となります。

その答えによってはとんでもないパワーを授けてくれる星ですがそれが表面的だったり口先だけだったりするとあまりエッジが効かないかも。

終わりと再生(死ぬの?生きるの?)を担当するわけですから、どっちでもない曖昧な感じだとエネルギーを注ぎようがない、というのも頷ける氣がします。

何となく惰性でダラダラやっているようなことに終わりを告げさせられたりやりたくても恐れがじゃまをしてやれないでいたことが、これをやらないと生きてる意味がない!とばかりに目覚めさせるきっかけをくれるのもプルトーの周波数かもしれません。

アロマ音叉療法的に言うと「腸・消化バージョン」で活躍します。

OMとの音程は微分音。

五線譜には書き表せない微細な響きの組み合わせです。

これらの音は細胞レベルにまで浸透して、私たちの本質に届き揺さぶりをかけます。

恐れや怠慢からくる変化への抵抗は、このマイクロトーンの振動によって”抵抗してる場合じゃないよね”、”さっさとやんなきゃ!”と行動を駆り立てます。

場面を変える因子(はじまり)は実は微細なエネルギーなんですね。

占星術師でもない私がこんな書き方をするのは憚られますが、この深める質もまた蠍座満月の周波数なのかもしれません。

深部に届く、深い施術。

アロマ音叉療法の得意とするところです^^

アロマ音叉療法

宇宙に存在するすべての物質は、固有の周波数で振動しています。音叉の音は離れたところにある、もう一方の音叉を震えさせる。というのを、理科の実験で行った方もいらっしゃるかもしれません。

ものが振動すると音が生じます。1秒間に何回振動がおきているかを表したものが、周波数です。

地上での生物は、人体を構成する細胞や臓器もそれぞれが固有の周波数で振動しており、音や光などを持っていると言われています。

心臓の鼓動や血流など、一人ひとり違います。腸などの消化器官も一定の間隔で蠕動をくり返し、聞こえないですがある音を発信しています。

私たちは、日々の生活の中、疲労やストレスなどの影響で、本来の周波数からずれてしまうことがあります。これらを、正常な生命エネルギーの流れに近づけ、自然な状態で居れるようにと行うのがアロマ音叉療法の目的のひとつです。施術では、厳選されたグレードの精油と惑星音叉を主に使用し、器官別プロトコルではそれぞれ、臓器に対応する組み合わせの精油と音叉を用います。

Webサイトはこちら
http://5kan.tokyo/

お知らせ

【雑誌に掲載していただきました】

GW明けに発売された雑誌「セラピスト」(株BABジャパン)

脳セラピーの特集「音がなぜ脳にいいのか?」というお題で取材を受け、「音」×「精油」のもたらす可能性と効用について、おもわず熱く語ってしまいました。

日々、音と香りの持つ特性について、あーだこーだを繰り返し、なるほど!と腑に落ちる体感と感動の連続。ライターさん、編集者さんの愛のチカラでこんなに素敵な誌面に仕上げてくださり、感激です!(P30、P93)

他にも興味深い特別企画が満載の今号、ためになる記事盛り沢山でした〜^^/特集の内容はこちらをご覧ください。

http://www.therapylife.jp/latest/一部試し読みはこちらです。

続けること。続くこと。

続けること。続くこと。

みなさんは、これは欠かせないアイテムっていうのを

何かお持ちですか?

私の中では、アロマの香りは当然のように

生活の一部として定着しています。

音はどうか?と言いますと、

まだまだ入り口に立ったばかり

奥の深さを感じています。

先日、日頃使っているノートPCのデータを軽くしようと整理をしたところ、PCが新しくなるたびに移行してきた

過去の記事が出てきました。

へえ~っと思ったのが

音叉のヒーリングを最初に学んだのがちょうど10年前。

レイキのティチャー、アロマオイルの講座を始めたのもこの年でした。

いやー10年なんてあっという間。

ほんとびっくりです。

先日、あるセラピスト仲間さんからセッションを受け、

そのタクミな施術に今更ながら感動しまして

(彼女のセラピーには毎回感動するんですけどね)

すごいねー。って感想を伝えたところ、

「だってこれ10年もやってるんだもの」

と満面の笑顔。

その余裕の佇まいの素敵だったこと。

スティーブ・ジョブスの唱えた、1万時間の法則。

何かのプロになるには一万時間が必要というもの。

一日3時間、一週間で20時間、これを10年続ければ一万時間。

コミットメントの如何や抜きん出た才能によってはそんなに時間を必要としない分野もあるかも知れません。

漫然と行ってたとしても、10年続けていれば、もう一通りの自分メソッドが出来上がってくる頃でしょうか。

セラピストというお仕事、参入は安く、続けるは難し。

3年続く人がわずか15%と言われる世界です。

人生の3年間を、セラピストとして活動した時期があったというのは、どんなに短期間でも、良きことかと。

携われるだけで尊い仕事だと思うのです。

多くのセラピスト志望の方に

メソッドをお伝えしてきたこの10年。

粛々と続けられている方々を SNSなどでお見かけすると

最初の出会いに、本物だなこの人。と感じた直観にハズレはなかったと、愛されるセラピストさんの共通項を思うのです。

しかし、才能豊かでも辞めてしまわれる方が多くいらっしゃるのも正直なところ。

彼女たちは何故辞めてしまったのだろう?

続けるには何が必要なんだろう?

ここ半年間、そんなことを考えていました。

人生は長いようで短いようで

夢や希望がなければ

恐ろしく退屈なところかも知れません。

10年スパンの最初の年と言われる2017年。

みなさんは、どのような種を蒔いてみたいと感じていますか?

あるいはすでに蒔かれていらっしゃるのでしょうか?

新しく始めること

続いていること

何となくでも続いていることの中に、天命の答えはあるのでしょう。

一生続けられそうだと思えるワクワクすることに

誰もが出会える世の中になると良いですね。

本日も良い周波数を!

(※画像はお借りしました)

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ◆一般社団法人 日本五感療法協会◆
  info@5kan.tokyo
  【HP】 http://5kan.tokyo/
  【FBページ】https://www.facebook.com/5sensus
  Tel:090-4022-2290/03-3950-5590
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
火の元素の封印解除

火の元素の封印解除

宇宙から降り注がれる月のサウンド(周波数)感じられてますか?

先日、マーズの音叉と月の周波数についてお話させていただいたところ

まさに、今そんな時期です。と体験のシェアをいただいています。

いやはや、この時期にマーズ音叉の組み合わせは

いろいろと背中を押してくれているようです。

長いこと奉仕的に仕事に従事して、会社を大きく発展するのに貢献してきたのに

些細なあることで社長から契約破棄を宣告されたCLさん。

自分で会社を興すことに発奮。

一歩も家から出ることができなかった息子さんのことで

長く悩んでいらした主婦のCLさんとその息子さん。

自分の城を持ちたくても勇気がなかったセラピストさんがサロンオープンを果たした。

自分のオリジナルをやりたかったけど、本業と副業の狭間で苦しんでいた施術家さんがパートを辞めて

自分のやりたいことだけに取組むと決められた。

長い事仮面夫婦をやってきたけどもうムリと離婚を決意した。

人物が特定出来ないようイニシアルも控えさせていただきました)

周囲を見渡すと「火の元素、封印解除」

というような現象が次々と起きてます。

2017年、牡羊座新月やるなー。

価値観や方向性の変化が起きはじめている方も多いようですが

みなさんの周囲は如何ですか?

急にこうなったわけではなく、元々私たちの魂の刻印にあった設計図が

特定の周波数を浴びる事でアクティベートしているのですね。

セラピーやヒーリングを受け、内観を続けてこられた方たちだけでなく

どなたにも、急に、重い衣を脱ぐような

え?これでいいの?というような現象かもしれません。

それはあまりにもあっさり

びっくりするくらい簡単に

目の前に現れてくるので

「うわー。こんなことになっちゃって、どうしよう!」

「まいったなー。無理無理ムリ〜。」

おたおたと取り乱してしまう自分がいる

と同時に

この現象を客観的に俯瞰して眺めながら

「なるようになるさ。きっと大丈夫。」

「案外、結構いけるんじゃないの?」

と、自分の運命を面白がっている

もう一人の自分が居るのを感じてらっしゃるかもしれません。

今までと同じ思考パターンの自分は、

「大変だ、大変だ。」

「家賃払えなかったらどうしよう。」

「嫌われたらどうしよう。」

「病気になったらどうしよう。」

とネガティブな思考に陥りそうになりますが、

今回の山羊座から始まった新月

惑星さんたちがごぞって、

「そのパターン、もう古いですよ〜。」

「新しい時代が幕開けましたよ〜。」

「あなたの本質を生きていいんですよ〜。」

と、宇宙レベルで降り注いでくれているようです。

この、宇宙から降り注がれる周波数を受け、

カチカチカチとスイッチが入る人が続出しているようです。

selfは本人の自覚に関わらず、あるときふと目醒める。

台所で皿を洗いながら目覚める

電車に乗って移動中に目覚める

レストランで注文した料理を待つ間に目覚める。

人類が悟りを開くためには長い時間修行が必要だった

そんな時代を経て

私たちの今いる世界では、

瞬間的に次元を超えるようなことが起きているようです。

火の元素=パッション。

自分の内に沸き起こる情熱を大切に

思いのままを受け止めてみてください。

みなさんの魂のアクティベートを応援しています。

(※画像は全てお借りしました)

ーーーーー

私自身にも大きな変化と気付きが起きています。

目覚めよ、目覚めよという囁き声は次第に大きくなり

先日から隣接した道路で掘り返しの電柱工事が始まりました。

わー、そのサウンド(ガガガガガ〜って大きな工事音)わかりやすいんですけどー😄💦

来月の牡牛座新月に向けて、着実に形を変えることが望まれているようです。

大阪、南亜季先生による
耳つぼ音叉療法講座
4月8日(土)10時~16時
場所:KI-YA
http://ameblo.jp/minamiaki/entry-12259794336.html

4月25(火)10:30–18:30 アロマ音叉療法アドバンス:男性ホルモンVer,

4月27(水)10:30–18:30 アロマ音叉療法アドバンス:女性ホルモンVer,

5月の練習会は18(木)を予定しています。

 

 
 
 
 
 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ◆一般社団法人 日本五感療法協会◆
  info@5kan.tokyo
  【HP】 http://5kan.tokyo/
  【FBページ】https://www.facebook.com/5sensus
  Tel:090-4022-2290/03-3950-5590
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
自由を手に入れるとき

自由を手に入れるとき

私たちは限りなく自由だと言われたら何をしますか?

「突然そう聞かれても、すぐには思いつかない」

そういう答えになってしまうこともあるかもしれません。

漠然と尋ねられても、即答出来ないとしても

今、AかBかを選択しなければならないと、苦しんでいるときだとしたら

「まずどっちも手に入れる」

そんな答えになるのではないでしょうか?

これまでの時代
制限をかけられることに慣れてしまっている私たちにとって、
全く枠のない世界というのは、むしろ躊躇われるものかもしれません。

どちらを選んだにせよ、

選ばなかったもう片方が氣になるような生き方で
自分の人生を狭めてしまうより、

そもそも制限など必要無かったことに
気付いていく

そういう時代に入ったのかもしれません。

自由を得るために一歩前に出たのに
そこが新しい囲いにならないよう

牡羊座の持つスピード感を活かして
突き抜けながら

あれか、これか、ではなく

あれもこれも
統合して形にしてゆく。

みなさんとそんなイメージを共有したいです。

最近お仕事関係で出会ったMさん
時間の使い方がすごい。

時間の使い方がうまい人とそうでない人の圧倒的な違いを
見させられています。

それは何かと言うと
目の前のことに集中する能力です。

集中力は個人差があるとは思いますが
やることの優先順位が決められない人ほど
多くの制限に縛られているようです。

牡羊座新月

ここから直感が冴え、みなさんの制限がどんどん外れ
集中力が高まっていきますよ!

そうそう、
雑念が多い
自分がぶれてるような氣がする

そんなときにおススメなのは

OMの音叉を両耳から聞く。

丹田(ヘソ下三寸)の場所にOMの音叉を響かせてみる。

すると、大地に根を下ろし、
すぅーっと落ち着いてくるのが感じられます。

牡羊座新月にはアロマ音叉療法
集中力を高める「脳バージョン」はおすすめです。

大阪、南亜季先生による
耳つぼ音叉療法講座
4月8日(土)10時~16時
場所:KI-YA
http://ameblo.jp/minamiaki/entry-12259794336.html

次回のアドバンス講座

4月25(火)10:30–18:30 アロマ音叉療法アドバンス:男性ホルモンVer,
4月27(水)10:30–18:30 アロマ音叉療法アドバンス:女性ホルモンVer,

ーーーーーーーーーーーーーー

遠い地に引っ越しをされた以前のクライアントTHさんから6年ぶりに
メールをいただきました。

長いお手紙の中で、「先生のメルマガ、〈目覚めのための周波数〉日々の生活のヒント、学びの言葉とて興味深く、拝見させていただいております。そして、先生の「アロマ音叉療法」とご活躍されて、ネットで輝いてる先生のお姿拝見しとても、懐かしいく思っております。」

と綴られていて、嬉しいやらありがたいやら、、、😄もう、喜びいっぱいで泣けちゃいます💦

読んで下さってる方からのこうしたメッセージはとても励みになります。
THさん、どうもありがとうございます。

あれからもう6年、ですか〜😊わお!

時の経つのは早いもの。

地球という思い出作りの場所で
与えられた命の時間を、有意義に使ってまいりましょう〜😄

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ◆一般社団法人 日本五感療法協会◆
  info@5kan.tokyo
  【HP】 http://5kan.tokyo/
  【FBページ】https://www.facebook.com/5sensus
  Tel:090-4022-2290/03-3950-5590
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
卒業おめでとう~新しいステージへ向けて

卒業おめでとう~新しいステージへ向けて

春は卒業のシーズンですね。
同時に旅立ち。出会いと別れの季節でもあります。

ということで、昨日は卒業の儀式(イニシエーション)を行ってきました。
ちょっぴり涙がこぼれ落ちるのは、冷たい春雨がハートに染みたからかもしれません。

 


 

長く慣れ親しんだ場所を離れるのはさびしいもの。
出来ればここに止まりたいとマインドは抵抗を示します。

 

ホメオスタシスとは体を一定の状態に保つ働きのことですが、健康な状態を維持するためのホメオスタシスも、思考の枠組みにおいては、現状維持という名の退行システムとして働くことがあります。

 

新しいステージへの移行/

成長に痛みや苦労はつきもの。

 

悩んでいる状態であるならば、まだ現状維持システムが働いているとき。
目的や行き着きたいところが明確ではなく、

出来れば○○したい。
苦労無く○○へ辿り着きたい。
と消極的な段階。

 

「悩むこと」を選択することで
未だ動かないでいる自分に折り合いを付けている時期
もしくは、足固めをしている時期とも言えるかもしれません。

 

 

目的地(ゴール)まで辿り着くのには何通りもの道がありますが
最短距離を選ぶ際、崖をよじ登るようなリスクが伴うこともあります。

 

 

それはチャレンジし甲斐のあるコースかもしれませんが
痛みや努力やリスクが伴うのでその道を選ぶのは勇気が必要です。

 

最短コースを選ぶ際、火の元素に表される、エネルギーや、情熱、パワーといった要素は欠かせません。

 

岩肌に手をかけた際、勢いあまって爪が割れようが、膝っこぞうが擦りむけようが,

それらを躊躇していては崖から落下してしまい兼ねないですから、情熱的なスピードで一気に駆け上る。

それくらいの実行力が必要です。

 

 

 

本日、28日は春分の日以降〜最初の牡羊座の新月ですね。
占星術では太陽を基準に見たとき、12星座の最初の位置にあるのが牡羊座です。

その行動力は新しい開拓者。今あるものでは満足出来ず、どんどん新しいものに刷新してしまうパワー。それが叶わないと強いストレスを感じてしまいます。

 

 

みな さんも
この時期、月のエネルギーに呼応して
古い衣を脱ぎ去って、背中を押されるように、一歩を踏み出したい、羽ばたきたい
と感じていらっしゃるかもしれませんね。

 

 

宇宙はきっとみな さんに成し遂げてもらいたいことがあるのでしょう。
躊躇せずトライしてみると開ける扉があるのでは?

 

 

 

英語で3月のことをMarch/マーチ と言いますが、(ヨーロッパ諸言語では、マルスmars、マーズmarzo)「Mars=火星」を表します。

 


画像は全てお借りしました

 

新しい何かに取組む情熱エネルギーが不足しているなー、と感じられる方は
惑星音叉【火星】を使用してみてください。

 

 

身体の支配パーツは頭〜脳〜顔。頭痛や偏頭痛などの不調とも関連しています。
牡羊座新月にはこの部位をケアする時間をとったり、不調を改善させるのに向いています。

 

逆に負担をかけるのはNGなので、本日は考え事(過ぎること)や思考過多は一旦おやすみをして、リラックスして過ごすのが良いですね。

 

 

牡羊座新月にはアロマ音叉療法「脳バージョン」おすすめです。

 

本日の牡羊座新月。
新しくも新しいスタートのとき。

 

 

新しいステージへ入学式的な意味(イニシエーション)がある、パワフルな1日になりそうです。

 

 

みな さんのチャレンジを応援しています!

 

 

 

 

3月29(水)13−18 アロマ音叉療法練習会

 

4月25(火)10:30–18:30 アロマ音叉療法アドバンス:男性ホルモンVer,

4月27(水)10:30–18:30 アロマ音叉療法アドバンス:女性ホルモンVer,

 

 

 

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ◆一般社団法人 日本五感療法協会◆
  info@5kan.tokyo
  【HP】 http://5kan.tokyo/
  【FBページ】https://www.facebook.com/5sensus
  Tel:090-4022-2290/03-3950-5590
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

調和の時代の幕開けに

調和の時代の幕開けに

春分の日を経て、本格的な2017年がはじまりました。
ここから先はますます、本当に氣(周波数)の合う人たちが手を取り合って進んでいく
そんな時代になるようです。

 

 

価値観や目指すものがかけ離れた者同士が
何かを犠牲に見せかけの調和を保とうとしてもやっぱりうまくいかない。

 

表面的に、誰とでもほどほどに仲良くし、嫌われない距離を保つというのは
見せかけの調和。

 

これまでは、それも調和の部類に入っていたようですが
新しい時代では通用しなくなる
宇宙の目指す調和にシフトしていく必要がありそうです。

 

 

調和の意味は
世界大百科事典第2版の解説によると

 

【調和 harmony 】
「事物や事象の全体的な均衡の美を表す観念で、古代ギリシャに淵源する。
ギリシャ語ハルモニアHarmoniaは元来、大工仕事で建材の各部をたがいに噛み合わせて、ぴったり接合することを意味した。
その後、比喩的に転用されて、一致、協力、和合などの意味を持つようになった。
この言葉に哲学的な意義が付与されるようになったのは、音楽の生み出す魔術的な効能にひきつけられ、
音楽的調和の観点から宇宙論を展開したピタゴラス学派によるところが大きい。」と書かれています。

 

「調和」という単語は、もともと、神殿を作るための技法から来ている

噛み合なければ建物が崩れてしまう、
それくらいぴったりと一致していることを「調和」と言ったんですね。

 

自分さえ我慢すれば、この場は丸く収まる、険悪にならないで済む、と
そのようなレベルでは神殿は崩れてしまいます。

 

 

 

この場を穏便にしようと
自分を押さえてしまう感情はいったいどこから来るのでしょう?

 

みな さんは、「生まれてくる時、自ら親を選んで生まれて来た」
というお話を聞いたことがありますか?

 

親、特に母親を楽にしたい、幸せにしたいと願って、最適な人物を選んで胎内に宿るのだそうです。

 

さあ、この女性をうんと助けて幸せにするぞ〜。と思ったところで
赤ちゃん時代はおっぱいをもらって、おむつを替えてもらって、お風呂に入れてもらって、抱っこしてもらって、ひたすら母親の手を患わせることしか出来ない。

 

そこで段々自我が出来上がってくるにつれ、母親に対して、「手を煩わせてごめんなさい」「申し訳ない」という思いがいつの間にか潜在意識に宿ってしまいます。

 

あれダメ、これダメ、だめだめ、と、言葉にされなくても子どもは母親の表情から感情を読み取ってしまうので、自分さえ大人しく、迷惑をかけなければ、母親の負担が済む、といった具合に自分を抑圧してしまうんです。

みな さんは赤ちゃん時代、たくさん泣きましたか?

 

泣くという行為はオトナの世界では、悲しいとき、辛い時
たまに嬉しいときも涙が出ますが、ギャン泣きするってあまりないですね。

 

赤ちゃんが泣くのは、もちろんお腹が空いた、おむつ替えて、といった要求も多くあるのですが、他にも、ああ、あなたのところに生まれて嬉しい!
ようやく会えたね。大好き大好き〜。というポジティブな感情で、生命エネルギーの表現として泣いていることも多々あります。

 

けれど未熟な母親は、なんでこの子はこんなに泣くのかしら?
おっぱいが足りてないの?抱き方が悪いの?
何がいけないの?と自分を責めてしまいます。

 

すると、その困惑した表情を見て、赤ちゃんは、
母親はどうしてこんな困った顔をしているんだろう?
困るってどういうことなんだろう?

 

おかあさん、お願いだからそんなに困った顔をしないで。
私が力になってあげるからね。(さらにギャン泣き)
母、ますます困りはてる (;´д`)

 

 

赤ちゃん時代には何がおきているかわからないことも
映写機のデータとして全てが潜在意識にストックされ
後から認知の糧となります。

 

泣くのは悪いことではなかったと知ったら
どうでしょう?

 

目の前の愛する人と表現の方法が、ただ違うだけだと知ったら。

大人になったみな さんだったら、

 

 

「お母さん、困らないでください。私はこの春の陽射しが眩しくて
地球に来たことに感動して大きな声をあげてしまってますが、それは決してあなたを困らせようとしているわけでは無いので、どうぞ氣になさらないでくださいね。それよりも、ほら、桜のつぼみが膨らんで美しい花を咲かせようとしています。もう少し暖かくなったらお花見にでも行きませんか?」

 

なーんて風に、自分の言葉で、今起きていることを説明して
母親を安心させてあげることだって出来そうですね。

 

ところが、幼い頃に貼ってしまった「大切な人に迷惑をかけた(幸せに出来なかった)ダメな自分」というレッテルは、だんまりを続けていることが穏便だと、そのまま表現をしない選択をしてしまいがちに。

 

黙んまりも自分を責めるのも自己防衛。
いつまでも岩戸に隠れていても、アマテラス様の光線エネルギーが容赦なく降り注ぎ、表に出ざるを得なくなる、というのが2017年の太陽光線です。

 

 

本当はどうしたいのか?
どうしたら全体がよりよくなっていくのか?

 

ちょっと勇気がいるかもしれませんが
自己を表明することがこれからの時代
真の調和に繋がっていきそうですね。

 

そしてピタゴラスさん的な解釈だと
調和の背景には音楽が流れていると。

 

そこにハーモニーがあるか
美しい共鳴がおきているか

調和というのは深く揺るぎないエネルギーなんですね。

時代は真の調和に向けて、バイブレーションしているようです。

(※ちなみに赤ちゃんの声をまったく理解出来なかった
ダメなレッテルを荷した母とは私のことです(告白))

 

 


(画像は全てお借りしました)

 

 

 

 

〜アロマ音叉★お役立ち情報〜

本日のアロマ音叉療法、おススメは、
アースデイ音叉です。

 

アースデイ音叉は地球の1日の時間
エネルギー溢れる24時間の周期を表します。

 

アースデイの音叉を聴くと、地球とのつながりを感じやすくなります。
アースデイの特質に「補充」というのがあります。

 

つながりを強めたいとき、エネルギーをチャージしたいとき
1日を効率よくすすめたいとき。

 

春分は昼と夜の長さが同じと言われています。
体内時計を地球時間に調整するにもアースデイ音叉はおすすめです

 

OMと2本でグラウンディング、センタリングに
ご使用ください。

〈使用するオイル〉

パチュリ、
ジンジャー、
スパイクナード、
ペチパー
グラウンディングオイル、
クリスマススピリット等

 

OM×Earth Day
あてる場所でおすすめなのは「湧泉」「丹田」

 

自然界にたくさん存在する5度の音程を
お楽しみください。

 

実は販売もちょっとやってたりしてます^^

音叉Web Shop

 

 

 

3月24(金)25(土)
VRT®ベーシックVer.開催します。

 

次回のアドバンスは4月25(火)27(木)です。
女性ホルモンVer,
男性ホルモンVer,
を行います。

 

春分の日、祝)2017年明け★ということで、3日間メルマガを書かせていただきました。お読み下さりありがとうございました。

これから新しくなる五感療法協会を、こちらからまたご案内させていただきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ◆一般社団法人 日本五感療法協会◆
  info@5kan.tokyo
  【HP】 http://5kan.tokyo/
  【FBページ】https://www.facebook.com/5sensus
  Tel:090-4022-2290/03-3950-5590
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛