【今年の活動報告】学会での報告内容とJFSTA倫理委員会発足について

2016年もいよいよ、残りわずかとなりました。
心せく師走ですが、いかがおすごしでいらっしゃいますか。

前回からずいぶん間が空いての投稿となります。お問合せなどもその都度、個別の対応となってしまっておりました。お詫び申し上げます。

来る新しい年に向けて、少しずつ勧めている準備について、これから幾度かにわけて皆さまにご案内してまいります。どうぞしばらくお付き合いください。

タイトルにもありますように、今年は
「アロマ音叉療法とはなんぞや?というものを世に打ち出していく」
そのための第一歩を踏み出した年となりました。

1年を振り返り、ご報告を兼ね、
今回のメールでは、具体的な活動報告として 以下3つについての概要を皆様にお知らせいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1 アスクレピオン神殿医療セミナーにおける「アロマ音叉体験会」の開催について
2 日本臨床音楽療法学会での発表について
3  JFSTA倫理委員会の立ち上げについて
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1    《アスクレピオン2016 in 長野》 にてアロマ音叉体験会を開催しました

今夏8月、信州飯綱高原「水輪」で開催された《アスクレピオン2016 in
長野~現代に蘇る古代ギリシャ・神殿医療セミナー~》にて、多くの方にアロマ音叉を体験いただく機会を得ました。

古代ギリシャ、アスクレピオンの神殿で行われていた治療法「神殿医療」を追体験する、最長4泊5日のリトリートとして開催されたセミナーです。

音と香りの融合した技術が遥かアトランティスに起源を持ち、そこからエジプト~ギリシャへと波及していった歴史にも触れながら、五感に訴えるこの療法の深淵を参加者の皆様と共有することができました。

アスクレピオン神殿医療の全文はこちら
http://ameblo.jp/hikarimiru/entry-12228325881.html

2 日本臨床音楽療法学会にてアロマ音叉療法の影響について発表しました

11月、福岡で開催された「日本臨床音楽療法学会」において、
「音叉療法の効果」~AOT式音叉療法の施術提供にあたっての考察~
という演題で発表を行い、好評を頂きました。

音楽療法士やその指導者、精神科のドクター等、心理と音を扱う専門家を対象とした発表だったため、発表にあたっては
「五感で感じることの大切さを、限られた時間の中でいかにイメージしてもらえるか」
に注力してテキストを作成しました。

質疑応答では
「検査に参加された方々はどのような背景をお持ちか?」
もっと臨床例を増やした方がデータとしては活用しやすいのでは?
「波動や周波数についての共通の認知と理解について」

など画期的なご意見をいただいた他、
「私自身が受けてみたいです」「個人的に興味があります」などのお声を頂戴し、五感にアプローチする療法への期待と、まずは医療に従事する方々のへの癒しが求められていることを肌で感じられた機会でした。

臨床の現場で音や音楽を用いていらっしゃる実践者の方々に、音と香りの療法の可能性を感じていただける機会が持てたことに感謝いたします。
検査にご協力くださった皆様に改めて御礼申し上げます。

今回の試みで、免疫物質やホルモンの変化が数値という、目に見えるかたちにあらわれました。

アロマ音叉療法がもたらす変化をクライアントさんへ伝えやすくなる/実感してもらいやすくなる。
提供する側への信頼感などを得ていただきやすくなる

などのメリットがあるのではないかと感じています。

 ①唾液検査からわかった「アロマ音叉療法」
 ②「音叉療法の効果」
  ~AOT式音叉療法の施術提供にあたっての考察~

こちらの全文はブログにて
http://ameblo.jp/hikarimiru/entry-12228336214.html

※検査結果については JFSTAの HPに記載があります。どうぞご自由に引用ください。
その際、♯JFSTA(ハッシュタグ)のご協力をお願いします。

3 JFSTA倫理委員会を立ち上げました

学会発表に伴い、「日本五感療法協会倫理委員会」を発足しました。

補完療法としての出発点を持つアロマ音叉療法。
その性質を歪めることなく、伝えていきたいという気持ちと共に、これまでも未来医療研究会の先生方とともに倫理について大事に検討して参りました。

今後も、音と香りの療法がヒーリングやセラピーとしての本質を歪めることなく、必要な方々へ届きますよう、大切に扱っていきたいと願っています。

■新 JFSTA倫理委員会メンバーのご紹介

セラピストは、目の前の方と共に、気付きをもたらし合える素晴らしいお仕事です。
そんな仕事につける喜びを保ち、また分かち合っていくには、
セラピストとしての在り方を支える「倫理」の共有が大切だと考えます。

会員の皆さんが、もっと自由に、もっと幅広く活動していけるよう、
この度 協会は「JFSTA倫理委員会」を発足いたします。

いつもの、が重なって生まれてしまうかもしれない盲点や癖を、少しでも早く気づけるよう
外部の目で私たちの仕事を評価していただく機関です。
「共に在る」という意識を以て 共に考え成長していける私たちでありますよう。

倫理委員会のメンバーとして、以下の皆さまからご承認いただきました。

・大澤 和子様(日本臨床音楽研究会顧問・埼玉県障害者音楽交流推進協議会副会長・埼玉県音楽療法関係者協議会会長・江原学園教授)
・青 拓美様(日本臨床音楽研究会会長・青音楽研究所所長)
・市来 真彦様(日本臨床音楽研究会倫理部門理事・東京医科大学準教授)
・Chie Art様(画家/ アートセラピスト)、
・宮崎 ますみ様(一般社団法人ホールライフクリエーション/株式会社ヒプノウーマン/ヒプノ赤ちゃん協会 代表)

以上、今年度の学会報告と倫理委員会発足についてのご報告でした。
ご不明な点などございましたら事務局までお問い合わせください。

アスクレピオン2016 in 長野

アスクレピオン2016 in 長野

Image_001

~ 現代に蘇る古代ギリシャ・神殿医療セミナー ~

爽やかな夏の信州飯綱高原で
優しく自分に向き合い
自分と大いなる魂の源との繋がりを確かめ
自分の中の眠っている力を取り戻してみませんか?

Asclepion 2016 in Nagano-Suirin
August 19 (Fri.)~23 (Tues.)

Image_002

The host organization is the Whole Life Creation
with support of the Japan Holistic Medical Society

このセミナーのプロローグは、昨年2月、宮崎ますみの呼びかけで実現した「ギリシャ・ルーツを巡る旅」に遡ります。本セミナーの講師を含む15人が行動を共にしました。メインは世界遺産でもあるエピダウロス。アスクレピオス神殿をはじめ、円形劇場、音楽堂、競技場、浴場、庭園、宿泊施設、アバトン(夢見所)などが豊かな自然環境の中に配置され、現代のリトリートに繋がる神殿医療が行われていました。
本セミナーは、素晴らしい自然環境の中にある《心と体といのちのリトリートセンターいのちの森「水輪」》をエピダウロスに見立てて、古代ギリシャで行われていた神殿医療の精神を、ひとりでも多くの方に感じていただくために開催するものです。
皆さんが興味のある領域を、より深く学び体験できるように、メインプログラム終了後にサテライトプログラムを開催する構成にしました。趣旨としてはメインとサテライト両方のプログラムを通して受講していただきたいところですが、お時間のない方はメインあるいはサテライトプログラムを単独で受講することもできます。

メインプログラム:8月19日(13時)~21日(13時)

受講者全員が一緒に学び、体験するワークショップです。

アートセラピー:ChieArt
アロマ音叉療法:佐藤亜伎子
体現的ドリームワーク:北本福美
靈氣(レイキ ):市江雅芳
ヒプノセラピー:宮崎ますみ

サテライトプログラム:8月21日(14時)~23日(17時)

希望するテーマに分かれて、学びと体験をさらに深めます。

耳ツボ音叉療法&アロマ音叉療法:佐藤亜伎子
体現的ドリームワーク&即興音楽:北本福美
直傳靈氣セミナー&師範交流会:市江梨紗、他
ヒプノセラピー個人セッション:松村洋子
ヴァイタル・タッチ・セラピー:小松ゆり子

主催:一般社団法人 ホールライフクリエーション(http://wholelifecreation.com
後援:NPO 法人 日本ホリスティック医学協会

《会場》

心と体といのちのリトリートセンター いのちの森「水輪」
〒380-0888 長野県長野市上ケ屋 2471-2198
http://www.suirin.com/index-top.html

《タイムスケジュール》

※朝食前&夕食後は、基本的にフリーです。
※水輪は1日2食です(2食健康法)

 

タイムスケジュール

《参加費&宿泊費》

1.メインプログラム
開催日:2016 年 8 月 19 日(金)13 時~8 月 21 日(日)13 時
定 員:60 名
参加費:
30,000 円(税込み)【早割】(7 月 31 日までに入金される場合)
35,000 円(税込み)【正規】
宿泊費:27,000 円(税込み)(8 月 19 日&20 日の 2 泊、夕朝食、会場費)
基本的に3~5人の相部屋です。
2人部屋&個室は数に限りがあり、追加料金がかかります。
申込み:最後のページを熟読の上、「水輪」へ直接お申し込みください。
「水輪」のホームページからも申し込めます。
http://www.suirin.com ⇒「催し物セミナー」をクリック。
右側の「企画開催」を下にたどるとアスクレピオンの欄がありますので、
そこからお申込みいただけます。

2.サテライトプログラム
開催日:2016 年8月 21 日(日)14 時~8 月 23 日(火)17 時
※サテライトプログラムだけに参加することも可能です。
※このパンフレットの後半にある 《サテライトプログラムのご案内》 をご覧いただき、
それぞれの担当講師に直接お申し込みください。
※宿泊に関しては「水輪」へ直接お申し込みください。

[注意事項]
◎    メインプログラムもサテライトプログラムも、キャンセルされた場合には参加費&宿泊費の返金は致しません。他の方が代わりに参加することはできます。ご了承下さい。
◎    このパンフレットは 2016 年 5 月 1 日時点の情報を掲載しています。お申し込みの際には、 それぞれの講師および水輪に最新の情報をご確認の上、手続きを進めてください。

《メインプログラム 第1日(8 月 19 日)講師プロフィール》

ChieArt
ChieArt

画家 Chie。個性的な画風は「光の画家」として評価を確立。イタリア美術国際ビエンナーレ、パリ、NY、スイス、スウェーデン、メキシコなど国内外で個展多数。芸術が心に深く響くものであることに着目し、絵画を通して自己を見つめるアートセラピーを提唱。独特の感性で綴る文章には定評があり、これまで PARCO 出版、東洋経済新報社、PHP研究所などから著書 12 冊。また個人的活動として国内他、カンボジア、ベトナム、インドなどの孤児院や学校で絵を通した社会貢献を続けている。
http://www.chieart.net

<セミナー内容>
絵画を通して、常に頭の中でささやき続けている「思考のおしゃべり」を休ませ、心身ともに緩めながら本来の自己と繋がるアートセラピーを行います。光を放つ絵画浴を体感しながら、心を解放していくワークです。

佐藤亜伎子
佐藤亜伎子

一般社団法人日本五感療法協会理事。音と香り、五感を満たす療法は、潜在意識との繋がりを強化し、癒しが加速することを提唱。人生は様々な経験を通し自らと巡り会う旅。より豊かで満ち足りた世界を共に輝かせていきたいと願いを込めて、アロマ音叉療法の普及と育成に努める。米国 AromaSounds インストラクター。Lifetune‒Acutonics~ Level3履修。直傳靈氣師範。保育士資格有。
http://5kan.tokyo

<セミナー内容>
楽器の調律に使う音叉をご存知ですか?細長い金属を U 字型にし、その曲げた部分に柄を付けたもので、片方の柱を叩くと振動して純音を伝導します。アロマオイルも音叉も起源は今から数千年前。当時から治療の道具として使用されていました。純粋な植物の香り、森羅万象と共鳴する周波数を持つ音を共鳴させることで、深いリラクゼーションを促します。考え過ぎやストレスや疲れを体の外へ排出し、身体に備わる本来の感覚が呼び覚まされるよう、振動に触れる体験を味わいます。

北本福美金沢医科大学神経精神医学講師、日本臨床心理士認定協会認定臨床心理士、 日本芸術療法学会認定芸術療法士。1981 年より、小児科・精神科(心身医学を含む)領域の心理臨床に携わり、芸術療法を中心とした心理治療や心理検査、 コンサルテーション・リエゾン活動に従事。近年は、ユング派・ロバートボスナックが開発した「体現的ドリームワーク」の実践活動も盛んに行なっている。 また、対人援助職のリトリートの現場にも活動を広げている。著書としては、 「老いのこころと向き合う音楽療法」などがある。

<セミナー内容>
人の心は、意識できる世界と個人的無意識(いつも気づいていると、かえって生きつらくなることをちょっとだけ意識から閉めだしておく置き場所)、そして DNA に刻まれた人類共通というような記憶やエネルギーを内蔵する「普遍的無意識(あるいは『集合的無意識』)」から作られています。この深い領域での人と人のつながりは、共時性で動き、そのエネルギーを知るツ ールは「イマジネーション」です。体現的ドリームワークは、夢を素材としてこの領域へとダイブして、イマジネーションが案内する世界を旅し、気づきを身体感覚として持ち帰ります。参加者全員で体験する「インキュベーション(夢のお告げへのアクセス)」の作法、ドリームワークエクササイズを分かち合いたいと思います。

 市江雅芳
市江雅芳

東北大学大学院医学系研究科 音楽音響医学分野 教授。医学博士。日本リハビリテーション医学会専門医、日本統合医療学会認定医、日本補完代替医療学会認定医、日本アロマセラピー学会認定医、日本ホリスティック医学協会理事、日本音楽健康協会学術顧問、直傳靈氣師範、日本生涯学習協議会認定レイキティーチャー、米国催眠療法協会認定ヒプノセラピスト。ヒトの生命エネルギーを感じるワークを通して、唯物論的科学教育にとらわれないホリスティ ックな視点を持った医療者や研究者の育成に力を注いでいる。
http://www.music.med.tohoku.ac.jp

<セミナー内容>
靈氣(レイキ)は「全ての生き物に共通して流れる根源的な生命エネルギー」であり、念や意図を込めず無心に手を当てるときに純粋無垢な最上のエネルギーが流れます。このようなBeing としてのエネルギー療法は、他の様々なエネルギー療法が Doing であることを考えると、際立った靈氣の特質と言えるでしょう。また、靈授(アチューンメント)を受けると誰でもが靈氣(レイキ)を使えるようになりますが、これらのことは「禅」と「エソテリック・ヒーリング(秘教治療)」の視点に立つと非常にクリアに理解できます。
セミナーでは、エネルギーを動かす Doing が極めて簡単なこと、Doing に潜む危険性、無心に手を当てる靈氣の Being がどういうことであるかなどを実際に体験していただきます。また、 1974 年に臼井靈氣療法学会が発行した「靈氣療法のしおり」を教材に、靈氣の本質が、臼井先生が辿り着いた「禅の悟り」と、「全てはエネルギーである」というエソテリック・ヒーリングの考え方と、いかにマッチしているかについても解説します。この「靈氣療法のしおり」は、世界中で 500 万人が実践している西洋レイキが生まれる前、すなわち高田ハワヨ女史が 22 人の弟子を育てる前に書かれたものであり、本来の靈氣の姿を伝える貴重な資料です。
サテライトプログラムでは、正規の直傳靈氣セミナーを用意しました。直傳靈氣の修得者であれば低料金で再受講できます。さらに、21 日の夜には「師範&師範格交流会」を開催し、靈授をエネルギーワークおよびエソテリック・ヒーリングの視点から解説します。

宮崎ますみ
宮崎ますみ

ヒプノセラピスト(米国催眠療法協会、米国催眠士協会インストラクター)。過去女優として、舞台・映画・TVなど幅広く活躍。結婚を機に渡米。米国では二児の息子を育てながらYOGAに傾倒し魂の探求に専念する。帰国後、乳がんであることを公表。自身の経験からヒプノセラピーを本格的に学び、セラピストとなる。現在、アカデミーを立ち上げ多くのセラピストを養成するなど、日本におけるヒプノセラピーの普及に務めている。株式会社ヒプノウーマン、日本ヒプノ赤ちゃん協会、日本ヒプノセラピーアカデミーイシス、一般社団法人ホールライフクリエーションの代表を兼任。
http://wholelifecreation.com

<セミナー内容>
ヒプノセラピーは調和された本来の自分に目醒めて、内に隠れた「真の力」を取り戻すための最強のツールです。潜在意識は無限なる叡智の領域です。その潜在意識の中に、問題の原因をつきとめ、その解決策を知る人智を超えた機能があります。今回のセミナーでは、日常的に行えるセルフケアの方法論を解説し、優しい誘導で内なる資源と繋がる体験ワークを行います。ありのままで純粋に輝く自分自身を発見しましょう。

《サテライトプログラムのご案内》

※    参加される方は、それぞれの講師に直接お申し込みください。
※    宿泊については、「水輪」へ直接お申し込みください。

I. アロマ音叉療法

私たちの体は固有の振動数があり、耳には聞こえませんが、一人ひとり独自の音を持っています。日々の生活やストレスなどで、体の音は徐々に本来の音からずれてしまいます。音と香り双方から働きかけることによって、音程がずれて不調和になってしまった体を本来の状態へバランスしていきます。
《音叉の効果・血流をよくする》
同じ姿勢でいることが多く、運動不足だったりすると、血流が悪くなりますね。血の流れが滞ると、低体温や心臓、肩こりや腰痛など、様々な体の不調の原因となります。音叉は、この滞りに働きかけ、流れをスムーズにしてくれます。音叉の音をほんの僅か聴いただけで血流に変化が出るという科学的実証も有るようです。
今回は、耳ツボ音叉療法講座とアロマ音叉療法個人セッションをご用意しました。

【耳ツボ音叉療法講座】

<開催日> 8 月 22 日(月)11:30~13:30
<定 員> 12 名
<受講料> 13,670 円(税込)
※    耳ツボ用音叉セット購入希望の方には、16,330 円(税込)にて販売します。お申し込み時にお知らせください。
※   耳ツボ音叉講座 1Day の詳細はこちらをご覧ください。 http://mimitubo.5kan.tokyo
<講 師> 佐藤亜伎子
<申込先> info@5kan.tokyo

【アロマ音叉療法・肉体調整とオーラフィールドを整える】

(ショート数秘リーディング付)

<開催日>
A:8 月 21 日(日)14:00~16:00
B:8 月 22 日(月)15:00~17:00
<定 員> 各回 1 名
<施術料> 20,000 円(税込み)
アロマ音叉療法の詳細はこちらをご覧ください。 http://5kan.tokyo/menu-aromaonsa/
<講 師> 佐藤亜伎子
<申込先> info@5kan.tokyo (日本五感療法協会・佐藤亜伎子)

II. 体現的ドリームワーク&心理ワーク(即興音楽)

体現的ドリームワークは、夢を分析したり、象徴解釈したりするのではなく、目覚めと眠りの中間の変性意識状態に留まって、夢のイマジネーションの生き生き感を身体の感覚として刈り取ってくるワークです。たった一場面であっても、丁寧に体験することで起きた後で意味づけしていた内容と全く異なった光景が展開します。夢の提供者(ドリーマー)の夢を介在として、一緒にワークするメンバー(ワーカー)が夢の同行者としてダイブを共にし、まさに今、夢の中にいるような時間を旅します。自我の捉われから開放された、思いもよらない気づきを得るなど、分かるという世界から自分を解き放ち、感じる・ひらめく体験との出会いをお試しください。《☆参加者の中で相談して、一番出たがっている夢を選びます。》
心理ワークでは、言葉によらない音を交流素材としたワークを行います。イヤークリーニングで澄んだ身体をつくり、どなたでも演奏可能な楽器を用いて即興音楽をモチーフに交流をしたり、音の瞑想(ジベリッシュ)や、身体の中にある音楽にアクセスして交流させるなど、普段意識していない自分との出会いを体験していただきます。

【体現的ドリームワーク】

<開催日>
Aクラス:8 月 22 日(月)11:30~14:30
Bクラス:8 月 23 日(火)10:30~13:30
<定 員> 各クラス 3 名:夢の訪れのあった方の夢を素材にワークします。
<受講料> 7,000 円(税込み)
<講 師> 北本福美(ワークリーダー)
<申込先> fukumi@kanazawa-med.ac.jp(北本福美)

【心理ワーク(即興音楽)】

<開催日>
Cクラス:8 月 21 日(日)14:00~17:00
Dクラス:8 月 22 日(月)15:30~18:30
<定 員> 各クラス 5 名
<受講料> 5,000 円(税込み)
<講 師> 北本福美
<申込先> fukumi@kanazawa-med.ac.jp(北本福美)

Ⅲ 直傳靈氣セミナー

直傳靈氣は、西洋レイキのような儀式的な所作がなく、家庭療法(手当て)として普及した当時の姿を現代に伝えています。そのため、医療や他のセラピーとのマッチングも良く、補完代替医療としての活用が期待されています。
セミナーは前期 1 日半&後期 1 日から構成されており、

【前期】 肉体への手当てを中心に、臼井靈氣療法学会では重要な概念とされながら西洋
レイキで抜け落ちてしまった「病腺」、「血液交換法」なども学びます。
【後期】 カルマやトラウマの解消にもつながる「性癖(心の癖)治療」、遠く離れた家族
や友人へ靈氣が届く「遠隔治療」など、直接手を当てない手法を学びます。

今回は、これら正規の直傳靈氣セミナーの内容に加えて、メインプログラムで行われた靈氣(レイキ)の本質を深めるためのワークを更に極める内容となっています。西洋レイキだけを習得されてきた方には靈氣の真髄に触れるまたとない機会です。もちろん、初めて靈氣に触れる方にもとても分かりやすい内容になっていますし、すでに直傳靈氣を習得されている方には様々な気づきが得られるでしょう。再受講も大歓迎です。
再受講される師範&師範格の方には、靈授をエネルギーワークおよびエソテリック・ヒーリングの視点から解説する交流会を 21 日に開催します(参加費無料、担当:市江雅芳)。
なお、直傳靈氣は世界 10 カ国語でテキストを出しており、セミナーの内容も受講料も世界共通です。今回、前期セミナーのみを受講して、後日、他の直傳靈氣師範から後期セミナーを受講することも可能です。

<開催日>
前期セミナー:8 月 21 日(日)14:00~18:00 /8 月 22 日(月)11:30~18:00
後期セミナー:8 月 23 日(火)10:30~17:00
※    前期セミナーは、21 日と 22 日の両日とも受講していただきます。
※    後期セミナーは、前期を修了していないと受講できません。
※    師範&師範格交流会:8 月 21 日(日)20:00~22:00
<定 員> 前期:10 名、後期:10 名
<受講料> 前期&後期 91,800 円(再受講の方:27,000 円)(税込み)
前期のみ  48,600 円(再受講の方:16,200 円)(税込み)
後期のみ  43,200 円(再受講の方:10,800 円)(税込み)
※ 再受講の方は、直傳靈氣療法師カード(受講カード)をご持参ください。
<講 師> 市江梨紗、他(複数の師範がきめ細かく指導します)<申込先> ichieri04@gmail.com(Salon angelle・市江梨紗)

IV. ヒプノセラピー個人セッション

ヒプノセラピー(催眠療法)は深いリラクゼーションから催眠状態へと導き、潜在意識と顕在意識を繋ぎます。その催眠状態を利用して心の奥底にアプローチしていく心理療法です。心と体をリラックスさせることにより、本来あなたの心が望んでいることを引き出したり、抱えている悩みの原因に気づくことができます。さらに潜在意識に理想的なイメージを植え込んでいくことで、問題の改善や解消に繋げていきます。
ヒプノセラピーの起源は、古代ギリシャまで遡ります。エピダウルスには、「眠りの神殿」という場所があり、心と体のケアをする、現代のホリスティック医療の原型となる「神殿医学」がありました。“Hypno”という言葉は、ギリシャ語で「催眠」を意味します。
個人セッションでは、最初に事前面談でじっくりお話を伺い、その方に合ったセッション方法を一緒に決めてまいります。セッション方法には、前世療法、年齢退行療法、悲嘆療法、心身緩和セラピー、未妊セラピー、分身療法、未来世療法、などがあります。
ヒプノセラピーは薬を使用することもありませんので、副作用もなく最もナチュラルで安心なセラピーだと言われています。クライアント様自らの潜在意識の力で問題を解決へと導いていくのを、お手伝いさせていただきます。

<開催日>
8 月 21 日(日)A:14:00~16:30
8 月 22 日(月)B:11:30~14:00/C:15:30~18:00
8 月 23 日(火)D:10:30~13:00/E:14:30~17:00
<定 員> 各回 1 名
<受講料> 25,000 円(税込み)(2時間半)
<講 師> 松村洋子
<申込先> arcoiris.3niji@gmail.com(Arcoiris~虹のかけ橋・松村洋子)

V. ヴァイタル・タッチ・セラピー

ヴァイタル・タッチ・セラピーは、全身にくまなく触れていくオイルトリートメントと、植物(精油)や鉱物(玄武岩・クリスタル)のエネルギーを借りて、心と体と魂のつながりを取り戻すセラピーです。古代ギリシャの医師ヒポクラテスは「医師は医学とともにマッサージも研究するべきである」と説きました。ヒポクラテスより以前の古代ギリシャ医療では、このような手技療法とエネルギーワークの融合が行われていたかもしれません。

ヴァイタルタッチセラピー

現代人の多くは、思考だけで生きてしまい、魂やその乗り物である肉体、心(感情)のつながりを忘れてしまっている状態です。瞑想や、スピリチュアルなワークに取り組んでも、思考が働きすぎてしまい、うまくいかない方も多いのではないでしょうか?まず先に「肉体」を意識し、ほぐしていくことは、潜在意識や魂と顕在意識がつながりやすい状態を作ります。東洋的な経絡を意識した押圧と、全身をくまなく触れるロングストローク、こわばった関節をゆるめるストレッチングといった手技療法に、温めた玄武岩のぬくもり、精油の薬理効果、クリスタル類の光とエネルギーが融合させた技法は、肉体の扉を開き、心や魂にまでアプローチします。肉体に閉じ込められてしまっていた感情やエネルギーの滞りをただただ圧倒的な心地よさに身をゆだねることで解放していくのです。軽くなった肉体の中で、魂はより自由に輝き出すはずです。

<開催日>
8 月 22 日(月)A:13:00~/B:15:00~/C:17:00~
8 月 23 日(火)D:11:00~/E:13:00~/F:15:00~
<定 員> 各回 1 名
<施術料> 60 分 16,000 円(税込み)、120 分 30,000 円(税込み)
※C、F枠は、60 分だけ受付可能になります。
<講 師> 小松ゆり子
<申込先> yoyaku@yurikokomatsu.com(小松ゆり子)

《サテライトプログラム 講師プロフィール》

市江梨紗
市江梨紗

直傅靈氣師範。アロマ音叉療法士、アクセスバーズ・ファシリテーター、アクセスフェイスリフト・プラクティショナー、米国催眠療法協会認定ヒプノセラピ
ス    ト。直傅靈氣セミナーを通して、ヒトの体に流れる生命エネルギーや、靈氣の本質について伝えている。また、アロマ音叉療法士としてボディ・マインド・スピリットの波動を調整し、アクセスバーズにより脳内の不要な情報やトラウマのデトックスを行っている。そして、これらのセラピーを有機的に関連付け、癒しと気づきを提供している。
http://www.salon-angelle-risa.com/

松村洋子
松村洋子

宮崎ますみ氏代表ヒプノウーマン Salon「聖母の祈り」非常勤ヒプノセラピスト。ヒプノセラピーサロン「Arcoiris~虹のかけ橋」代表。米国催眠士協会(NGH)、米国催眠療法協会(ABH)及び、日本ヒプノセラピーアカデミーイシス認定ヒプノセラピスト、日本ヒプノ赤ちゃん協会認定マスタープラクティシ ョナー、未妊セラピープラクティショナー。結婚後、二児の娘を育てながら二度の海外駐在を経験。その間いくつかの大病を経て、宮崎ますみ氏と出会う。そこでヒプノセラピーを本格的に学び、ヒプノセラピストとなる。個人セッションを中心に活動。自宅サロンでは定期的にセルフケア講座のワークショップを開催。自分のこれまでの経験を活かしながら「自分の中に自分自身を癒す力がある」ことを伝えるべく、日々クライアント様に寄り添っている。
http://www.salon-arcoiris.com

小松ゆり子
小松ゆり子

パーソナル・セラピスト。Touch for World 代表。身体を入り口に現代人の心や魂をつなぎ、活力を与えることをテーマにセラピー・セッションやセミナーを行う。エサレンボディワーク、アロマセラピー、ストーンメディスン、クリスタルヒーリング、秘教治療など、身体的なワークからスピリチュアルな視点まで幅広く学ぶ。東洋的な押圧とロングストローク、ストレッチングを多用した手技と玄武岩、クリスタルなどの鉱物、そして植物(精油)など自然界のエネルギーをフュージョンさせたオリジナルメソッド「ヴァイタル・タッチ・セラピー」を提唱。音楽業界から転身してセラピストになった異色の経歴からエンターテイメントと癒しの関係を探求。様々な音楽イベントでのボディケアを提供する「Nomadic Bodywork Organization」も主催している。
http://yurikokomatsu.com

《サテライトプログラムとは別日程で行われる催し》

ChieArt
<個展開催のご案内>
★  ChieArt 展
開催日:8 月 25 日(木)~8 月 31 日(水) 時間:10  時~17 時
会場:岩手県公会堂  21 号室
主催:いわてアートプロジェクト 2016 実行委員会

★ ChieArt ワークショップ 開催日:9 月 4 日(日)
時間:14 時~15 時 30 分
会場:もりおか町家物語館 材料費:500 円
申込先:盛岡事務局    担当高橋    Tel090-1215-0103
主催:いわてアートプロジェクト 2016 実行委員会
★  ChieArt 展
開催日:9 月 18 日(日)~9 月 24 日(土)
時間:11 時~18 時    (最終日のみ、10 時 30 分~16  時)
会場:銀座ギャラリームサシ    東京都中央区銀座1-9-1K1ビル1F
※  年に一度の ChieArt 主催のオリジナル原画展。
※ 原画販売も致します。
◎ 個展詳細:http://www.chieart.net

《2015.9.27~10.3 銀座ギャラリームサシ》
《2015.9.27~10.3 銀座ギャラリームサシ》

  アスクレピオン2016-申込みページ →【Asclepion-2016-in-Nagano-パンフレットと申込書】(クリックでダウンロード)

音の持つ可能性・未来医療の視点〜

音の持つ可能性・未来医療の視点〜

2015,3,7
「第5回未来医療研究会」東大病院 循環器内科Dr.稲葉俊郎先生主催
テーマ「音と医療」「音と人体」にお招きをいただきました。

登壇者の皆さんは日頃音に携わってらっしゃる
プロフェッショナルな方々。

昨日のその記念すべきこの回に、私も登壇のお声をかけていただき
アロマ音叉療法についてご紹介をさせていただきました。

第5回未来医療研究会

お話した内容は・・・

●アロマ音叉療法とは
●アロマ音叉療法の特性や特徴
●アロマ音叉療法でもたらされるもの
etc・・・

アロマ音叉療法プレゼン

私が参加者の皆さんに、一番お伝えしたかったのは「アロマ音叉療法」のコアな部分。香りと振動、そして音の体感覚。

複数のアロマ音叉療法士さんにお手伝いいただいて
僅かながら、その場で実践タイムとさせていただきました。

受けた方の感想はと言いますと

「振動がずっと続いています~。凄いです~。」
「振動が思ったより微細な感じでした。」
「体をつきぬけるような何か繋がった(天地を指差し)感じ。」
「大変具合が良かったです。」
「振動に驚かされました。」

と、その場で何かを感じてくださったようです。
(個別に感想やメッセージをくださった方々も、ありがとうございました。この場で御礼を述べさせていただきます^^)

最後は、会場中にハートを開く愛の周波数・傷ついた細胞を修復すると言われる「528Hzのチャイムバー」を療法士さんたち全員で奏で終了。

528Hチャイムバー

すごい一体感に包まれて至福のひととき。

ちなみにどのような方々がプレゼンされたのか、
ちょっとご紹介させていただきますと

——

●石塚 麻実(クリスタルボウル・アカデミー・ジャパン 代表)

●市江雅芳(東北大学大学院医学系研究科 音楽音響医学分野 教授 直傳靈氣師範)

●荒川 桜子(ピアニスト、タマラ(エネルギーワーク)インストラクター))

●こと (神楽笛 篠笛奏者)

●佐藤 隆俊(蓄音機演奏家)

●音妃(倍音ヒーリング、シンガソングライター&ヴォイスパフォーマー)

●喜田圭一郎(サウンドヒーリング協会)、長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)

●マドモアゼル愛(MIチューナー(音叉)開発者、西洋占星術)

●はら まゆ美(日本クリスタルボウル協会会長、クリスタルボウル・サウンドヒーラー)

●佐藤亜伎子(アロマ音叉治療、一般社団法人日本五感療法協会理事長)

●まつがき こうじ、小田エリス(周波数音楽)

●出沼理恵子(創作弦楽器 真琴 制作)

●宗田悠(民族音楽奏者)

●一井 優希(音珠シンガー、Voiceデザイナー、Sing-link-Salon代表)

●平田小百合(音波治療、マナーズサウンドセラピー、マナーズインターナショナル代表取締役)

●津田崇博(昭和音大 学生 ヒーリングミュージック)

「音や音楽は芸術の一領域として捉えられていますが、こころへの働きかけや、その波動(Vibration)の人体への影響の側面から、新しい医療では様々な試みが行われています。今回の第5回未来医療研究会では、様々な領域で【音楽と医療】【音と人体】という側面から音楽や音の世界に携わっている人たちにお集まりいただき、現場での経験や実際の治療法の紹介と、出演者同士の対話を行うことを目的としています。
(稲葉俊郎先生からのメッセージより〜。)」

どの方の音もそれぞれに素晴らしく
あっという間の1日となりました。

ますます音の持つ可能性を感じ、これまたワクワクです^^

また療法士の皆さんと「アロマ音叉ライブ♪」
やりたいなー。
ジョイントのお声がかかるのをお待ちしております(天に投げ掛けてみる^^)

稲葉先生、みのりさん、スタッフの方々、ご登壇者様、参加者の皆様、ご一緒出来て最高に嬉しかったです。ありがとうございました^^/♪

音と香りの療法について
詳しくはこちら
↓ ↓ ↓

■アロマ音叉療法講座体験会
http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/3401

■講座
http://www.reservestock.jp/page/event_series/7692

稲葉先生をお招きしての講演会 「植物意識と動物意識のあわいとしての「わたし」」

稲葉先生をお招きしての講演会 「植物意識と動物意識のあわいとしての「わたし」」

人間とは?
いのちとは?
心臓循環器系Dr.であり、多種多様のヒーリング技術をお持ちの
稲葉先生ならではの視点に基づく講座です。

今回さらに人間の持つ可能性
宇宙に浮かぶ地球という星に生まれた
人間のお役目を共に考察する会となります。

※アロマ音叉の簡単な体験会をご用意しています。

■日時:12月10日(水)19:00〜21:00
■場所:杉並区永福町レンタルサロンにて
■料金:会員2,500円
    一般:3,000円

※応募締め切り:11月30日(日)
(定員になり次第閉め切らせていただきます)

inaba1210

 稲葉先生講演会チラシ20141210

沖縄ヒーリングパラダイスに出展しました

沖縄ヒーリングパラダイスに出展しました

10月5日沖縄ヒーリングパラダイスにご来場ありがとうございました。
沖縄でのアロマ音叉療法(ヴァイブレーショナルレインドロップ)VRTは
下記サロンにて提供しています。是非フルセッションをご体感ください。

 

月☆日☆念
(むーんさんぱわー)
アロマ音叉セラピスト 叶夢(TOM)

moon.sun.powers@gmail.com
宜野湾市大謝名交差点近く(NTT 鉄塔ビル 近く)
http://tukitotaiyounomegumi.blog.fc2.com/

沖縄ヒーリングパラダイス

 

お客様の感想を沢山いただきました。ありがとうございました。

141005-2 141005-3 141005-4 141005-5 141005-6 141005-7 141005-8 141005-9 141005-10 141005-11 141005-12 141005-13 141005-14 141005-15

141005-29

141005-30

141005-31

141005-32

141005-33

141005-34

141005-35

141005-36

VRT〜各器官別のセッション・デー

医療グレードのアロマオイルと音叉の融合による時代が生んだ新しい療法

「VRT」このたびベーシックな肉体調整のバージョンに加え、各器官別の施術を新たなメニューに行うことになりました。
惑星の周波数を有する音叉は各器官に対応しています。同じく、それらに対応したエッセンシャルオイルとともに振動を体内に響かせていくことで波動の調節を行います。
私たちのカラダはエネルギー(氣とも言い換えることができるでしょう)の表れであり、各器官は、独自の周波数を放ち、内在している潜在的な課題のインスピレーションを与えてくれます。

【症状別:可能な調節箇所】

・ベーシック/クラッシック
・女性ホルモン/男性ホルモンを整えるVer
・メタボリック
・頭脳
・心臓と血流
・関節と骨
・肝臓
・長寿
・肺
・聖書のオイル

【器官別の不調が氣になる方へモニター募集します】

*10月29日火曜/◆聖書のオイル/◆ベーシック 終了しました

*11月28日木曜/◆頭脳/◆心臓・血流 終了しました

*12月12日木曜/◆腸・消化/◆聖書のオイル 終了しました

*1月17日金曜/◆ベーシック/◆肝臓 終了しました

*2月7日金曜/◆肺/◆関節・骨 終了しました

(※全てのセッションは医療行為ではありません。効果には個人差があることをご了承ください)

〜レゾナンスDay〜開催時間

①   11:00〜13:00

②   13:00〜15:00

③   15:00〜17:00

④   17:00〜19:00

⑤   19:00〜21:00

 

1セッション30,000円

会場:フォレストブライト
   http://www.forestbright.jp/

   ♪ ♪♪ ♬♪  ♪♬♬♪ ♪

「聖書のオイル」とは?
▽▽▽
旧約聖書に登場する、12種類のオイル。
イエス・キリストを人々を罪人を祝福し、
これまでとは違う次元へ導く為につかわれた、
パワフルなオイル。

聖書に登場する、その当時のレシピ通りに再現された、
貴重なオイルをふんだんに使用して、
セッションを行っていきます。

「基本のオイル」とは?
▽▽▽
ヴァイブレーショナルレインドロップ(VRT)に欠かせない、
7種類のシングルオイルを使っています。
オレガノ、バジル、ミントなど、お馴染みのハーブから抽出したオイルをたっぷり使っていきます。

♪ ♬♬ ♪   ♪ ♪ ♫♬

エッセンシャルオイルは、
花、葉、樹の皮、種などから抽出したもので、
それぞれの持つ効果がギュッと凝縮されています。

香りの分子を鼻から、皮膚から吸収することで、
薬効を期待することができます。

それに加え、精神的な癒し、変容にも効果が期待できることから、古代より儀式などで重要な役割を果たしてきました。

オイルだけでも肉体、精神に大きく働きかけますが、
これに音叉の振動が加わることで、より効率的に、
より深層部分にまで働きかけることができるようになりました。

慢性的な疲労感がある
長年の病に悩まされている
不安が強く、自信が持てない
過去のトラウマが払拭できない

など、肉体的、精神的な悩みにお応えできる技術です。

お早めのお申し込みをお待ちしております。

button2

◆申し込み・問い合わせ:アロマサウンズジャパン協会事務局/担当・吉田
empowerment.art@gmail.com
03-5913-8484

【11月/「アロマ音叉療法士養成講座」VRT技法習得ベーシックコース個別無料説明会開催中】

「アロマ音叉療法士養成講座」VRT技法習得ベーシックコース個別無料説明会を開催します。

【無料説明会カリキュラム】

・VRTとは?
・レインドロップというアロマ療法について
・アロマオイルと音叉の融合について
・扱う音叉の特徴
・VRT施術の流れについて
・もたらされる効果について
・代替療法の現状について
・協会の提供サポートサービスについて

 

■11月の日程は

・19日(火)10:00−11:30


・21日(木)15:00−16:30
・21日(木)17:00−18:30
・21日(木)19:00−20:30


・27日(金)19:00−20:30

ぜひご参加ください。

詳しい案内と申込はコチラ ↓

http://www.reservestock.jp/page/event_series/5462