健やかさの鍵を担うもの、それは、、、。

健やかさの鍵を担うもの、それは、、、。

昨日、アロマ音叉セラピーは多層に働きかける未来的なアプローチ
と書きました。

アロマ音叉セラピーは
”気持良い”や”リラクゼーション”以上のものをもたらしてくれる
そんな手応えを感じています。

と言うのは何故か?

少しアロマ音叉セラピーのメカニズムについて、お話しさせてくださいね。

まず、不調がおきるとき、からだでは何が起きているのでしょう。

からだでは自律神経という自分では意識的にコントロール出来ない部分で、
交感神経と副交感神経のバランスをとっています。

交感神経は活動的なときに活発になり、
副交感神経は休ませるとき優位な働きをしてくれています。

必要に応じて自動的に切り替わっているので
調子の良い時には、まったく意識がおよびません。

さあー。これから会社行くから交感神経スイッチオンだー!
と声に出せど、

会社の人間関係で悩んでいたり、
やりたくない仕事を嫌々やっている時、心の奥底では
(会社行くのいやだなあ。。。)と感じていたとしたら
交感神経さんは中々素直に従ってはくれず

逆に、
明日は大好きなアーティスト来日!前売りチケットで取れた席はアリーナ!
何着ていこうかしら〜るんるん♪
なーんて翌朝は、否が応でも交感神経さん、やる気スイッチばっちりです。

からだは正直です。
そうして、潜在意識といわれるような、自分でもわかっていない
無意識の感覚をキャッチして

いろんな内分泌やホルモンを出したり引っ込めたりしながら
バランスを取ってくれています。

潜在意識(情緒や感情の蓄積された場所)
   ↓
〔伝達・指令〕
   ↓
 自律神経
   ↓
〔伝達・指令〕
   ↓
内臓、臓器へ
   ↓
〔伝達・指令〕
   ↓
体の機能の度合いに変化
   ↓
健やかさへ/あるいは痛みや不調へ

という順番で動いている。

こうしてみると、やっぱり
こころとからだはひと続き。
切り離せるものではないのです。

潜在意識の声にしっかり耳を傾けること←これが健やかさの鍵。
だからこそ、私たちセラピストの役割は、
からだに触れておしまい。凝りをほぐしたり、リンパを流しておしまい。
ではなく

「その不調はどこから来たのでしょうね?」
と、クライアントさんの声にならない声に耳を傾け、
寄り添い、共に「気付き」の瞬間を待つ。

この、「気付き」こそが、これからの時代、
個々の財産になっていくのだと思います。

目に見える
物質的な豊かさだけを追いかける時代は 終焉のときを迎えています。

体に関しても
痛みや病は薬や手術で切除して終わりではなく、
それらの細胞が、何を伝えようとしてくれているのか?と問いかけてみる。

そして
精神や神経や内分泌や免疫の調整を図ってくれていて
あらゆる病気の根本原因を担っているのが自律神経。

「自律神経が整えば健康になる」と、多くの医療従事者や先生方がおっしゃってます。

この自律神経の調子を整えるのが得意なのが、音と香りの療法です

五感に働きかける療法は、情緒、感情体といったエネルギー体に強く働きかけ
健やかさを取り戻してくれるもの。

ストレスによって緊張した体を「緩ませる」のも香りや音のヴァイブレーションの特性。得意技なのです。

アロマテラピーと音叉療法
どれも古(いにしえ)の時代から在るもの

アロマ音叉セラピー(AOT)

モニター様の感想はこちら

個人セッションをご希望の方
お問い合わせはこちら