天災がもたらしたもの

西日本を中心とする記録的な大雨の被害に遭われた方々へ、
心よりお見舞い申し上 げます。

出張先の名古屋から大雨で新幹線がストップしてると聞いたのは駅に向かうタクシーの中でした。

急遽ルート変更。鉄道から空路へ切り替え、九州へ飛び立つも、目的地までの交通がストップ。暫し足止めとなりました。

日頃静けさとしなやかさを兼ね備えている水は、容れ物によって異なる状況に素早く適応することができるものですが、時と場合によっては、破壊を招くほどのパワーを持ち、攻撃的とも思えるほどの猛威を振るう生命体のようです。

いつ襲ってくるか予測がつかない天災に備えるのは、水や食料といった避難用具。

しかし昨今の天変地異とも言える状況を鑑みると、何かを準備しておいたから、もう安全。とはなり難いようですね。

そんな不安定な世の中で、信頼できるもの、忘れないでいたいものはどのようなことでしょう?

人と人との繋がり、地球との繋がり、宇宙との繋がり。そして自分自身との繋がりを強めていくことが挙げられます。

そのために、視点を高く持って、低きものと同調しないこと。コミュニケーション能力を磨き、繋がれる自分を作ること、といった内面の力が重要なのかもしれません。

Follow me!