月と惑星と音叉

今日は満月ですね。

満月って、あなたにとってどんな良いことがあるんでしょうか?

私はセラピストです。占星術家ではありません。

占星術家ではない私がなぜ毎月々の新月や満月、天体を意識するのかと言うと、意識することで、今、どんな周波数が地球に強く降り注がれているのかを知り、

宇宙の強化月間、つまり、どんなキャンペーンが繰り広げられているのかをキャッチし、味方にすることが出来るからです。

それによって、自分の生まれ持った資質「私らしさ」がうまく引き出せるようになりますし、あなたらしさを引き出すお手伝いが出来るからです。

太陽系には地球を含めて8個の惑星が存在し、それぞれが固有の周波数を持っています。

月なら月、水星なら水星、金星なら金星…の…、一つひとつの惑星にはそれぞれにユニークな特徴があります。

そして、太陽の通り道である黄道に沿って12個の星座という区分があります。

月は、日々満ち欠けを繰り返しています。

満ち欠けを繰り返し、12の星々の間を移動していくように見えるのです。

12星座には、牡羊座、牡牛座、双子座、蟹座、獅子座、乙女座、天秤座というような名前がついていて、それぞれの区分ごとにキャラクターやストーリーがあります

どの星座の場所で月が欠けたり満ち足りたり、つまり新月や満月になったかで、宇宙からもたらされるキャンペーンの内容が変わるというわけです。

およそ28日周期で星座間を移動しながら新月と満月が繰り返されるということは、だいたい14日間ずつ毎月何かしらピーアールが行われているということです。

そのキャンペーンがもっともパワフルになるのが新月と満月のとき。

そのパワーが最高潮に高まるのが満月です。

今日は天秤座の満月ですね。

天秤座という場所で月が満ちたということですから、天秤座の持つ特性が、ババーンと強く打ち出されているということです。

夜空を見上げ、「ほんとだー。今日は天秤座の周波数が強く降り注がれているなー」とはなりにくいでしょうから、そこで音叉(おんさ)の出番です。

ヒーリングのツールとして、チューニングフォークという特定の周波数を生じさせるアイテムを用います。

惑星の周波数を保持している「惑星音叉(わくせいおんさ)」というシリーズには、月なら月、太陽なら太陽、金星なら金星の固有の周波数が保持されています。

惑星音叉とは、空から降り注がれる、聞こえない周波数を、可聴領域に聞こえるようにピッチ変換しています。

天体や惑星の音を、耳で聞き、体で感じることが出来るのです。

満月がどの区分(星座)でおきたのかによって、宇宙から降り注がれているキャンペーンが毎月変わりますが、音叉の音を浴びることによって、その期間中の惑星の周波数を、全身で感じられます。

本日は天秤座の満月です。

天秤座の守護星座は「金星」です。

宇宙から降り注がれる満月のエネルギーとともに、天秤座の資質である金星の周波数をたっぷりと受け取ってパワーをアップデートしてください。

もちろん、リアルな体感覚を得たい!という方はアロマ音叉セラピストがお手伝いさせていただきますよ!

よりあなたがあなたらしく輝けますようにと願いを込めて!

Follow me!