熱中症かな?と感じたら

熱中症かな?と感じたら

Smiling young woman in sunglasses talking on the phone and sun shines behind her back

ここのところ暑い日が続いてますね。

「食欲がない〜。頭痛い〜。胃がムカムカする〜。」という友人の声。
それって熱中症では?と思い、
「熱中症で頭痛と吐き気が続くときの対処法は?」をnetで探してみました。

熱中症で頭痛や吐き気などの症状がでたときの対処法は、「水分補給」「冷やす」「休む」が基本なんだそうです。(フムフム、ごもっとも)

「のどが渇いたな」と感じる前に水分を摂ることがポイントだそうで
私もデスクワークなど集中していると、つい何時間も水分補給しない時がありますから、気をつけなくっちゃ。

そもそも熱中症になってしまうのはなぜなんでしょう?
体温調節機能がうまく作動しないから?
ということは自律神経の機能が落ちてるってことでしょうか。

人間の各器官(肺・心臓・血管・消化管・膀胱・子宮・内分泌線など)は、自律神経と呼ばれる交感神経・副交感神経の2つの神経によって支配されています。(いしゃまちhttps://www.ishamachi.com/?p=9917サイトより〜)

自律神経失調症の症状のいろいろ

全身症状:倦怠感、疲れやすい、眠気、食欲不振、身体がだるくて重いなど
頭:頭痛、頭が重い、ぼーっとするなど
呼吸:息苦しい、息切れなど
心臓:動悸、胸が苦しい、ふらふらする、立ちくらみ、不整脈、血圧の変動など
消化管:胸焼け、胃がむかむかする、吐き気、下痢、便秘、みぞおちの痛み、お腹が張りやすいなど
膀胱:トイレが近い、残尿感がある、尿が出しにくいなど
生殖器:月経不順、月経痛、不感症など
その他:冷え、のぼせ、しびれ、震え、耳鳴り、ほてり、肩こり、腰痛、目の疲れ、口の渇き、めまい、汗をかきやすい、不安感、イライラ、緊張、不眠、皮膚のかゆみなど

これらの症状、音叉とエッセンシャルオイルで対応出来ちゃいそう〜。なーんてアロマ音叉オタクの私は
つい思ってしまうのですが、これらは単に最終段階で表れてくれている「結果」でしかないのですよね。

同サイトに「自律神経失調症の最も大きな原因は過度なストレスや生活習慣の乱れから」
とありました。

やっぱり根本原因はそこにあるのですね。

生活習慣。。。ひいき目に見ても、”問題なし、バッチリです。” とは言えないものがありますゆえ
過酷な気温のこの季節。良質な食事と睡眠、心がけたいものです^^

夏バテには気をつけて暑い季節を乗り越えて参りましょう♪

ーーー

〈お知らせ〉

新しいアロマ音叉療法ベーシック講座では「使えるアロマ音叉」
ということで「自律神経を整えるワーク」を入れています。
周波数療法の得意なところ、どんどん活用していきたいですね。

今月20日は練習会を行います。
今月の症状別プロトコルは、熱中症対策のひとつにご活用いただけそうな
「嘔吐/吐き気」のアロマ音叉ワークです。

ご参加の方はinfo@5kan.tokyoまでお知らせください。

【アロマ音叉療法 実践 練習会】

■日時:2017年7月20日(木)13:00-17:00
■場所:AT CONNECT(桜新町コスモスパジオ302)
■持ち物:施術に必要なアイテム一式(VRT/AOT)
■料金:1,000円/税込
■連絡先:03−3701−7866
090-4022-2290

ご参加をお待ちしております^^☆

熱中症を疑ってた友人、
一晩寝たらケロッとなったそうで安心しました〜。

”調子がいい”
人生で何より大事なことですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です