【月面着陸の日】

1969年の7月
アポロ11号が月面に着陸し​
人類が初めて月面に降り立った​
【月面着陸の日】  ​


日本初の大型月探査機​
「かぐや」打ち上げられたのは​
2007年9月14日​。


人類は
月までいけるテクノロジーを持ちながら​
戦争が終わらない。​


そのカラクリには​
政治や宗教や​
計り知れない複雑な背景があるのだろう。​


そうに違いないと思いたい​
そうでないと、割り切れない。​


ココロが​、気持ちが感情が​
この矛盾だらけの世界に​
ついていけないのだ。​


セラピーの現場で​
惑星音叉の周波数を扱っているのは​
宇宙を身近に感じられるから。


セッションの間は​
無というかなんというか​
真空状態みたいな


なんとも心地よい時空感が​
部屋いっぱいに​
広がるのです。​



​🌈🚲✨🌈🚲✨🌈🚲✨🌈🚲✨🌈🚲✨ 
今日、家を出ると玄関の前で​
自転車のチェーンリングに​
ワンピースの裾を挟まれた女性が​
立ち往生してまして​


(女性だったらわかるよね。​
布の端っこが絡まっていくやつ。)​


もうね、結構なグルグル状態で​
にっちもさっちも行かない様子。​


そしたら、そこにワラワラと​
人が集まってきて​

「大丈夫ですか?」​

「大変ですよね。」​

「手伝いますよ。」と​

自転車を持ち上げる人​
ペダルを逆回転させて布を外そうとする人​

自転車を軽くするために​
彼女の荷物を持つ人​

みんなでなんとか彼女の力になろうと​
協力し始めたの。​


彼女は始終、​
申し訳なさそうに​
「すみません」を連発してて​


自転車が動くようになって​
何度もありがとうございましたをいう彼女。​


その彼女を​
あたたかく見守る複数の通りすがりの人たち。​


その間、およそ20分ほど。​


自然発生的に
同じ作業に関わって​
連携プレーを行なった者同志​


そこに優しいエネルギーが​
流れていて​


なんとも言えない一体感のようなものが​
感じられたのでした。​


3.11の後、​
阪神淡路大震災のあと​
水害の時​

何度か味わったこの感覚。​


痛みを知ってるもの同士に流れる​
分かち合いのエネルギーっていうのかな。​


今、コロナや国がらみの事件や​
いろんな、ココロを揺さぶられるような​
出来事が頻繁におきていて​


そのたびに​、閉塞感に苛まれたり​
ココロが締め付けられるような思い
​してるかもだけど


その痛みを味わったからこそ​
こころがつながるような感覚が​
生まれてるような気もしてる。​


これから ITやAIの技術革新の波は​
止まることはないだろうし​

きっと人類はもっと​
進化していくに違いない。​


高度なテクノロジーを扱いながらも​
優しさや思いやりや誠実さといった​
人間ならではの

便利さと快適さと愛と優しさが​
バランスよく入り混じった​
安心安全な世界。​


そこが辿り着きたい未来なんだろうな。​


まだまだ大きな変革の時​
これからも揺さぶりは続くだろうから​


弾き飛ばされないよう​
自分としっかり仲良くしておこう。​


その思いを胸に​
一票を投じてきた​
記念すべき選挙の日でもありました。​

Follow me!