本日のアロマ音叉セラピー講座
協会9周年記念ムードの中始まった
本日のプロトコルは「VOL.2脳バージョン」でした。
音叉とアロマで起きることに​
感情の調整力が上がります。

「感情調整力」というのは
ストレスなどの刺激に対して、
感情的な反応に無理がなくなるということです。


抑え過ぎるでもなく、爆発させるでもなく
上手に、自分の感情と付き合っていけるようになる、
という意味です。


それに伴って
「自分とは何ものか?」の
自己認識に変化が起きます。


音と香りの周波数セラピーによって、
自己へのとらわれから解放され

卑下するでもなく、
過大評価でもない、

客観的に
自分を捉える事ができるようになる
というものです。


他にも「集中力の向上」や
「疲れにくくなる」
などがありますが、


もっとも嬉しいのは
人への愛情と慈しみの気持ちが
自分の内側に育っていくところでしょうか。


人というのは
「自分自身」と「他者」の、両者という意味です。

それは
私たちは、潜在意識で繋がっている
と思えるようになるからだと思います。


講座の最後は、
果物の味を変えるワークでした。


音叉の音を入れることで


果物の味が甘くなったり
濃くなったり、
つまり美味しくなるんです。


これは実際に糖度系で計測すると
はっきりメモリが上がるんですよ!


詳しくはYouTubeをご覧ください!
https://youtu.be/LO5KuBn0tyA