遠隔ヒーリングとは

こんにちは。アロマ音叉セラピストの佐藤マイアです。

この度は、一斉音叉遠隔ヒーリングに、ご興味を持っていただき、ありがとうございます。

私は音と香りを用いて心身調律セラピーを行う、セラピストを育てる講師をしています。

今回の新月の遠隔ヒーリングで行うのは、スクールではお伝えしていない、表に出ていないメニューです。

『遠隔ヒーリング』

聞いたことはありますか?

メジャーなものですと、霊氣といわれるヒーリングが一般的かと思います。

私が遠隔可能なヒーリングを最初に伝授してもらって、早22年が経ちました。

そして、つい近年でも、10数個の強力なマントラとシンボルを授かり、日常でも活用しています。

科学が進んだ現代で、遠隔でヒーリング?

何か怪しいものでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

「遠隔ヒーリング」を、調べてみると、古代より使われていた遠く離れた人に時空感を超えて、癒しのエネルギーを行う方法とあります。

当時の人達は、今よりもっとテレパシックな能力が使えたでしょうから、遠隔でヒーリングというのは世界のあちこちで使われていたのではないでしょうか?

実際、遠隔ヒーリングは場所も時間も選ばずに行うことができるので

子育て・介護中の方、病や・ウイルスの脅威などで、外出が困難な状況にある方などにとって大きなメリットがあります。

(遠隔ヒーリングによって届いた事例の一部)

・脅威的な傷の回復スピード

・余命数日、と言われた身内の延命

・病の回復

・収入増など、他多数。

忙しすぎる現代社会、対面で受けるのが困難、というわけでなくても、

自宅に居ながらにして受け取っていただけるものは、

出来るだけ活用していただきたいと思うのです。

古代から存在していた遠隔ヒーリング。

聖書の中のマタイによる福音書8章・5〜13節には

イエスが遠く離れた場所にいる人間を癒したと記載されています。

科学と信仰が同じ学問のテーブル上で研究され、解明されている現代。

マタイ8章5~13節に書かれている記述は何を示しているのでしょうか?

この章で強く示されているのは

「人は信じた通りになる。」というメッセージ。

《願いが叶う人・叶わない人》

思っていることがなかなか実現しない、というのならば

それを妨げている、脳内に流れるノイズがじゃまをしているのかもしれません。

ノイズとは?

無駄に「ああ言えばよかった。こうすればよかった」

「なんであとき〇〇しなかったんだろう」・・・などど

ぐるぐる思考に陥るパターンがあるとしたら

それは不必要な脳内ノイズに

毒されているかもしれません。

例えば

「こうあるべき」「こうでなければ」といった、

「ビリーフ」と言われる

自分を苦しめてしまっている思い込みや観念。

他にも

何かを叶えたいんだけど、

・時間がない

・お金がない

・協力してもらえない

 などなど・・・

もっとこうだったらうまくいくのに…。

あなたは、このような、

「べきネバ」によって

身動きが取れない状況にありませんか?

もし、このように、

夢を叶えるのをじゃま立てしているノイズがあるかもしれない、と

感じられるとするならば、

周波数を上手く活用されると良いかもしれません。

アロマ音叉®︎では、音叉の周波数の特質を通して

脳内に流れる「ノイズ」がどのようにしてキャンセルされるのか?

の探求を行ってきました。

音叉の周波数は、成功を邪魔立てする雑音を

クリアリングしてしまう

「ノイズキャンセリング回路」といわれる特別な回路があります。

そこに注目し、

十数年間検証を重ねてきました。

大学との共同研究

2020年、東京電機大学さんと、

脳波測定や心理測定、唾液検査など、数々の実験を経て、

脳内に流れるネガティブなサウンドをリセットするのに

音の波(周波数)が有効に作用することがわかりました。

今回行うのは、その音の波(周波数)を活かして行う「遠隔ヒーリング」です。

もう少し遠隔ヒーリングについて説明させてください。

遠隔ヒーリングを検索すると、

「遠隔ヒーリング*・゜゚とは、時空を超えたヒーリングが可能です。

遠く離れた人のエネルギーを浄化するセッションです。

過去のトラウマを癒し、未来に対しても届けることができます。」

みたいに説明されている方が多いと思います。

私は、遠隔ヒーリングは、

もっと科学的な解釈で説明が出来るんじゃないかと考えてます。

遠隔ヒーリングを理解するための有益な情報のひとつに

「量子力学」と呼ばれる分野があります。

ちょっとお勉強チックで申し訳ありません。もう少々お付き合いくださいね。

物質を構成する最小単位について、私たちは高校の化学で

「物質を小さくすると分子になり、原子になり、原子には原子核がある。

原子核のまわりに電子がまわっている。原子核の中には陽子などがあり、最終的にはクオークという物質がある。」

という風に習いましたよね?

これだと、ある形があって、その中で

原子なら原子、核なら核それぞれが、その中でぐるぐる回っているというように

思い描きません?

量子力学的な見方をすると、

「音の療法がなぜ効果的なのか?」

「なぜ遠隔といった離れているところにもヒーリングのエネルギーが及ぶのか?」

といったことが、もっとわかりやすく説明出来そうです。

量子力学的な見方とは?

「物質は、粒子であると同時に、エネルギー(波)である。」といわれていて、

「物質は”見ようとすると、振る舞いが変わって見える”エネルギー」

なのだそうです。

「量子は、実体があって無いようなもの。

だから、見ようとする人間の観察によって、

「粒子」のように見えたり「波」のように見えたりする。」 のだそう。

これ、どういうことかと言いますと

「見る人によって形が変わるよ。」ということなんです。

「え?」

「原子とか核とかって、形決まってるんじゃないの?」

「何それ〜?」

言葉で説明されても

「は???」ってなりますよね(笑)

文字で説明しようとすると、私の拙い文章力ではあっという間に限界が(汗)

他にもっとうまく言い表してくれているものがないかな、と探してみたところ

ちょうどこれが見つかったのです。

さすが噺家さん。

難解なことをわかりやすく説明してくれて、しかもおもしろいです。

紹介しますね。

見ようとする人間の意図が働くと、粒子の動きが変わる二重スリットの実験

人間は無限の可能性を持っていた!?量子力学が解き明かす「意識に支配された世界」とは!?

如何でしたか?

ご覧いただいて、どのような感想を抱かれましたでしょうか。

私は、この実験結果を初めて知った時、なるほどなあ、という気持ちになりました。

「物質は、粒子であると同時に、エネルギー(波)である」

「物質は、”見ようとすると、振る舞いが変わって見える”エネルギー」

だとすると、冒頭で引用したキリストとか

癒しの波動を起こしたい人が、

そういった意図で量子を使えば、そうなるということですよね。

そして、このことから「幸せな成幸者がやっている共通のこと」にも

触れていきたいと思います。

周囲の「幸せな成幸者たち」を観察して思うことがありました。

彼ら、彼女らには、ある共通点があるなと感じたのです。

それは何かというと、ズバリ

「目的にフォーカスする力」です。

いかに脳内のノイズに引っ張られることなく、

手に入れたい現象に焦点を合わせるとか

辿り着きたい場所を明確にするとか

先ほどの二重スリットの実験のところでも使われていた

「イメージを送る力」

これがすごいんです。

このメカニズムを、知ってか知らずか、

成幸者たちは、上手に使っていたんですね。

意図を放つことによって、現象界が変わってくるとするならば、

これ、使わない手はないですよね?

話を遠隔ヒーリングの解説に戻しますと、

アロマ音叉的遠隔ヒーリングとは、

主催者が参加者に、「変化を起こすための、何か特別なものを施す。」

というわけではなく(もしそんな風に思っていらっしゃったとしたらごめんなさい)

参加者が、「自分の思いを明確にすることで、結果、必要なことが起きる。」

という、この量子力学的なアプローチを使って行う

イメージを誘導するワークです。

「自分の未来は自分で切り開いていくからこそ価値がある」

という趣旨で、遠隔ヒーリングを行っています。

当日の一斉遠隔音叉ヒーリングの内容とあわせて、

ぜひ活用して実践してみてくださいね✨

このような方へオススメです

・今年の初めに立てた目標も叶わずじまい

・思った通りの結果にならなかった

・停滞してるような気がする

・もっと飛躍の年にしたい

・来年飛躍へ向けてスッキリしておきたい

・叶えたい夢がある

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

一斉遠隔音叉ヒーリング

🔹日程:12月23日(金)

🔹時間:20時00分~20時30分頃

🔹料金:無料

🔹デバイス:Instagram

ーーーーーーーーーーーーーーーーー