「医療と芸術」・未来医療研究会

お久しぶりの投稿です。
先週は、コンテンツの研究と未来医療研究会の合宿に参加してまして
あっという間の1週間。

ブログやメルマガの投稿が追いつきませんでしたσ(^_^;)

ご存知の方は多いと思います。

東京大学医学部付属病院 循環器内科 助教である
稲葉俊郎先生が主催されている
未来医療研究会。

稲葉先生の理念に賛同した医療従事者や治療家、療法家の方々と
未来の医療を共に考えるべく
ご一緒させていただきましたヨ

今回の合宿のテーマは「医療と芸術」

今年2月に訪れたギリシャ
アスクレピオスの神殿。

ヒプノセラピスト宮崎ますみさん、
東北大学医学部教授 市江雅芳先生に
声をかけていただいて集まった十数名と

古代の医療がどのようになされていたか?
を視察旅行した際
未来の医療というビジョンを共有させていただいていたのでした。

ちょこっと共有させていただきますと、
アスクレピオスは
古代ギリシャの医療と治癒の神さま。

ギリシャのコス島ってところに行くと、
未だ当時の趣がそのまま残っていて
そこはまさに聖域。

当時、その聖域に住む神官医師団の元に
具合の悪い人たちが次々にやってきます。

神官医師団は
様々な療法を用いて
訪れる人たちに医療行為を施したのでした。

温泉で湯治をしたり、眠ってみた夢から啓示を受け取ったり、
食事療法、レクレーション療法、音の治療、芸術鑑賞など
様々な療法が繰り広げられていたのですね。

「病」と聞くと、重たくて暗くて
孤独に痛みや辛さと戦う
みたいなイメージが沸きそうですが

アスクレピオスの神殿は、
そよ風が吹き抜ける小高い丘の上、
素晴らしい自然の中にあるんです。

小鳥が歌をうたい、
草木がそよめき
心休まる環境が整っています。

傍には神官医師団が与えてくれる
精神的な支えがあるわけですし

病んだ人からするとその場所は
まるで天国のように思えたかも。
何とも心強かったのではないでしょうか。

もちろん健康であることに
越したことは無いのでしょうけど

病気や痛みという
体側からの訴えに耳を傾け
それをどう解釈するのか。

魂の成長のためのギフトが
そこには隠れているのかもしれません。

そこでの治療はきっと
魂の進化のプロセスのため訪れてくれている病に対し
最適な気付きが訪れたのではないかと思えるのです。

合宿初日の夜は、天才アニシモフ監督の
「曾根崎心中」の舞台を皆さんと
観劇に行きましたよ。

「なぜ今ここで、男女の心中ものを見させられているのだろうか?
「私にとって、この舞台は、一体何を教えてくれているんだろう?

という問いかけに対して
降りてきた答えは

「自分の中の古い女性性と男性性をリリースして
新しい、真の両極の統合を!」
というメッセージ。

そして
”生を謳歌すること”

”心から湧き出る表現を止めないこと”

表現するって、
とっても自分の中心と繋がる行為です。

自己信頼の無いところでは
表現は出来ないんだな。ってことをも
教えてもらえた舞台となりました。

アニシモフ監督さん、
劇団の皆さん
素敵な舞台をありがとうございました^^

本日も古い自分を手放して
新しい自分を生きられますように。

明日の個人セッションは
アロマ音叉療法「ピタゴラスバージョン」

完全5度の2つの音の周波数比率は2:3という
ピタゴラス音律の音叉を使って行なうセッションです。

完全なる自己を呼び覚ますと言われる周波数を浴びて
何がおこるのやら 
今からお楽しみでございます^^

最後までお付き合いいただき
ありがとうございます。

☆.*・゜・*:.。.:*・*.☆.

 

アロマ音叉療法

〜輝くあなたを応援します〜
 
JFSTA  佐藤亜伎子

☆.*・゜・*:.。.:*・*.☆.

 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ◆一般社団法人 日本五感療法協会◆
  info@5kan.tokyo
  【HP】 https://5kan.tokyo/
  【FBページ】https://www.facebook.com/5sensus
  Tel:090-4022-2290/03-5913-8484
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください