この世は自分に巡り会う旅なのだから

内なる感情エネルギー。
これを表に出す方法のひとつに夢の力があります。

夢は、あなたの内側のくぐもった存在にイメージを与え、
気付きのための力になってくれるもの。

ドリームワークという手法は実は紀元前からあるそうです。

紀元前460年頃、ギリシャのコス島で生まれたヒポクラテスという医者が
病気の症状だけでなく、患者をとりまく環境のすべてを観察の対象とした自然医学。

彼はアスクレピオンの神殿
患者を眠りにいざない夢を見させました。

そこで見た夢を紐解くことで
病の状態を改善する方法のひとつとして芸術療法を提案します。

昨日、とおーっても不調の時期があって、そこから抜け出すために
いろんな学びに手を出した過去の私があったことを
聞いていただきました。

そこで芸術療法に触れたことは
【自分が何ものであるか?】を呼び覚してくれた貴重な体験となりました。

苦しみの中にあったとき
自分が絶不調のときに知りたかったことは
どうしたら良くなるのか?ということ以上に

なぜこんなに発熱を繰り返すのか?
なぜこんなに慢性的にだるさが続くのか?
なぜ私は病気なのか?
なぜこの痛みが私のところにこなければならないのか?
ということでした。

病院に行って医師に尋ねれば、それらの答えが瞬時に帰ってくるものだと思っていました。

ところが驚いたことに、私の質問に対して医師から帰ってきたのは「原因はわからない」
という答え。

それにはとても驚かされました。

なぜ原因がわからない病気を治療することができるのですか?という疑問。
(薬を毎日飲み続けるようにという診断結果が出ていました。)

驚いたと同時にとてもがっかりしました。

誰かに何とかしてもらいたい、と、とても依存的で幼稚な考えだった私は、原因はわかりません、と医師から告げられたとき、突き放されたような氣がして落ち込んでしまったのです。

そこから様々な治療法を試みることになるのですが、今振り返って思うこと
それは治療の過程は、魂の成長のプロセスだったこと

苦しみや痛みが伴わないと、本当に大切なことに気付くことが出来ない
ノーテンキな自分がいたこと。

あいたた…(;´ω`)

病を経ることによって
ほんとうの自分と出会うことのたいせつさに気付かされ、今があります。

この世は魂を巡る旅
自分というかけがえのない存在と繋がるプロセスだと言われます。

まだまだ自分に巡り会う旅はこれからも続くのですね。

この夏、長野にある爽やかな信州飯綱高原で

ワークショップを開催します。

自然農法で作られた美味しい食事。建築医学の立場から設計された宿泊施設
夢見のワーク以外に様々なセラピーが体験出来るプログラムをご用意しました。

自分の魂と出会う旅をご一緒に如何ですか?

アスクレピオン2016in長野リトリートのご案内

 

Follow me!