その心の周波数を読み解くと ある隠されていることがわかります。

みなさん

こんにちは。マイアです。

サロンまでの道すがら漂う
キンモクセイの甘い香り。
う~ん、いい香り。秋ですね~^^♪

ここのところ
Zoomでの個人セッションが
続いています。

マンツーマンで
じっくり
お話を聞かせていただくことで

クライアントさんが
感じていらっしゃることや

今、何にお悩みなのか、
何を解決したいのか?

アロマ音叉セラピーが、
どのようにお役に立てるのか?

そういった考察を
深めさせていただいてます。

気になったご相談があったので
今日は少し、そのことについて
触れてみたいと思います。

そのご相談とは
「私はセラピストになれるでしょうか?」
「すぐに飽きてしまうのではないかと心配しています」
というものです。

お話をお伺いすると、
これまでも、実に
いろんな学びをされていて

すでにたくさんの資格も
お持ちとのこと。

興味の対象が次々に変わる。
新しいことを
常に学んでいないと落ち着かない。

そういった心理的背景や
脳内に流れる周波数は
どのようなものなのでしょう?

”すぐに飽きてしまう”
”所属感が持てず、一か所に長くとどまれない”
と感じている場合

あるネガティブな感情エネルギーが
関係しているようです。

もちろん、人に備わる向上心や
新しい何かにチャレンジしたい精神は
素敵なことです。

”飽きてしまう”という感覚は
言い換えれば
常に新鮮なワクワクを得ていたい
というポジティブな側面もあります。

ですが、
「これ!」というものに出会って
それなりの額を支払って
時間をかけて学んだことや
得られた技術を十分に咀嚼できず

本当は大切に育みたいけれど、
途中で諦めてしまったり
投げ出してしまうという
パターンを繰り返しているとすれば

そこには何かしら、本人も気づかない
自分の成長を止めさせる「ビリーフ(信念)」が
潜んでいるのかもしれません。

”すぐに飽きてしまう”
”一か所にとどまれない”
という思い

その無意識層には

”このままではダメだ”
”今のままでは不十分”
という感覚が潜んでいます。

この感覚が沸き起こる
根底に流れるのは
ある特定の周波数

それは・・・

ーーーーーーーーーーーーーーー

『無価値観』という
ネガティブサウンドです。

ーーーーーーーーーーーーーーー

無価値感というのは、読んで字の如く
「自分には価値がない」
という感情エネルギーです。

この無価値感の周波数がもたらす
わかりやすい例が

”すぐに飽きてしまう”
”一か所にとどまれない”
という思考からなる行動パターン。

”このままではダメだ”
”今のままでは不十分”とばかりに

次から次に
新しいことをやっていないと
置いていかれたような気になって落ち着かない

とか、

居心地の良い仲間や場所に
自ら、さようならを告げる
(あるいは何も言わずフェイドアウトしてしまう)

とか、
他には、

このままでは愛される気がしない
という感覚から
自己犠牲的な行為へ発展していったりも。

「自己犠牲」とはこの場合、
人のことばかり考えてしまう
相手に尽くしすぎるといった行為を指します。

この、”無価値感 周波数”を
放っている人って

”自分なんて”
”どうせ何やっても無理”と
投げやりな言動が多かったり

誰かの顔色を伺って
怒らせないようにと
常に空気を読んでいたり

言ってることと
行動がちぐはぐだったり

人のことを羨ましがって
卑屈になるなど。

違和感があるのです。

この周波数が脳内に流れていると
自分が手にする情報や
ツールやアイテム

はたまた大切であるはずの
身近な「人」や「場」に
価値を見出せず

逆に、遠くにある
まだ手にしていない「何か」や「人」や「場」を
常に求めてしまう、という
行動パターンが起きてきます。

無価値感周波数は
”このままではダメだ”
”今のままでは不十分”という気持ちを
感じさせる感情エネルギーなので

自分自身の「好き」という感覚や
「大切」という思いに対しても

ほんとかな?
それって、大したことなかったのかも。
と、徐々に自信が無くなってしまい

はたまた
自分がよくわからない、
というループに、、、。

あんなにワクワクしていたのに
急に冷めてしまった。

これは趣味や仕事や習い事などだけでなく
恋愛においても同じパターンが
見受けられるかもしれません。

無価値感から
感情を抑圧しすぎてしまうと

逆に相手から
急にさようならを告げられてしまったり
黙って去られてしまったり
そのように扱われてしまうことも。

無価値感周波数は
”自分だけでは埋められない”
”誰かや何かに埋めてもらわなければ”と
錯覚をおこさせるので

結果、
一つのところに居続けるのが
苦しくなって

常に新しいこと
新しい場、新しい人を
求めてしまいたくなるのですね。

クライアントさんに
「どのようになりたいですか?」
「望む未来は?」と
質問を投げかけると

「ありのままの自分でいたいです。」
というお答えが返ってくることが
多くあります。

結論から言いますと、、、

(実際のセッションでは、もう少し
クライアントさんの信念に気づいていただけるような
質問を投げかけさせていただきます。)

ありのままの自分でいるためには
まず『自分の価値を認める』こと。

「私はこのままで価値がある」と
思えるならば

安心して
居心地の良い場所に
とどまることができるようになりますし

むしろ、自分の居場所を率先して
居心地よくなるよう心がけられるので
周囲からも大切にされます。

そして、外の世界にある
洪水のような情報に、一喜一憂したり
振り回されることがなくなっていきます。

「私はセラピストになれるでしょうか?」
「すぐに飽きてしまうのではないかと心配しています」
という方へ。

何ものかになるためには
それなりに経験が必要ですが

自分の本当の価値を
知りたいと思うのであれば

セラピストという在り方は
自分の価値を感じられる
もっともパワフルな生き方かもしれません。

「なれるか、なれないか」
というよりも

「心からなりたいと思えるか?」

つまり、
『人と本気で関わることで
相手の価値を高め
さらに自分の価値を感じられるようになりたいか』

ということなのです。

人とじっくりと向き合うことで
受け入れられているという感覚を
味わえるようになっていく。

音や香りがあることで
ココロやカラダや精神に
素直に向き合うことができるのは

純音な周波数と
天然の植物の香りがもたらす
アロマ音叉セラピーの最大の特徴です。

音と香りの周波数療法に触れることで
あなたの内なる無価値感が癒され

本来のオリジナルの周波数が
どんどん開花していかれることを
願っています。

ーーーーー

今月のオンライン体験会の開催は
10月18日(日)20:00-23:00
10月31日(土)20:00-23:00です。

波動とは?
周波数とは?
音と香りの療法に触れてみたいと思われる方
どうぞご参加下さい。

https://peraichi.com/landing_pages/view/aromaonsa

•*¨*•.¸¸☆*・゚•*¨*•.¸¸☆*・゚•*¨*•
【こちらもチェックしてくださいね】

アロマ音叉セラピー|オンライン体験説明会
https://peraichi.com/landing_pages/view/aromaonsa

音と香りを使った

五感を満たすセラピーをご提供しています。
◆五感療法協会HP
◆Web Shopはこちらからhttps://3moon.shop/
◆【超!実践版】Sound of Love
▪️Facebook ページ
佐藤マイア
目醒めのための周波数
メルマガ登録ページ
◆サロン& Shopの地図
☆.*・゜・*:.。.:*・*.☆.
アロマ音叉®︎療法
〜あなたRa Si Saを応援します〜
-Sounds Therapy and Aromaoil-
サロン&スクール
A☆T CONNECT

Follow me!