喜びや幸せを呼び込んで 新しい自分を生きる

おはようございます。マイアです。

今日から7月ですね。
つい先日、2015年が始まったと思っていたら
あっという間に半年が過ぎました。

新しい時代の幕が空けた。と言われていますが、そのエネルギー
感じてらっしゃいますか?

私の個人的な感じ方としては 一昔前に比べ
格段に意識の層に変化があるように感じます。

早い事、大きい事、目に見える報酬に重きをおく競争意識から
自分ならではの価値観を見いだして
自分の世界の満足感を大事にする人が増えているような氣がします。

私自身の変化もあるので
それに伴って周囲の人間関係が様変わりしたせいもあるかもしれません。

過去のあの日には戻れないけれど
前へ進むのにはちょっと躊躇い(恐れ)がある

そんな気持ちがどこかに残っているとしたら
今にそぐわない信念は手放して
新しい自分をお招きしていきたいですね。

ということで、私、マイアも
自分のカラダの声に耳を傾けつつ
不必要なビリーフ(信念体系)を手放すことにチャレンジしています。

例えば
最近出て来てくれたビリーフのひとつに
「価値ある結果をもたらすためには 努力して耐えて 頑張らなければならない」
といったものがありました。

これが出てきてくれたのは
股関節のほんのちょっとした違和感からだったのですが

私達の体は叡智の固まりなので
何かの訴えがあって
そこに「違和感」をもたらしてくれているもの。

ある感情を伴って
「信念(ビリーフ)」という
思い込みが築かれることになります。

それらは
自分を守るためだったり
生きやすくしてくれようとした結果ですから
人生という自分辞書に
マニュアル化され組み込まれてしまうことしばしば。
自動的に引き起こされるパターンとなりがちです。

そのパターンが
活かされているうちは問題ないのですが
古くなって使えなくなっていると
ものごとがうまくいかなくなったり
苦しみを伴うことに繋がります。

その股関節の囁き声に耳を傾け、探って行った結果
私の潜在意識の奥底に
「価値ある結果をもたらすためには 努力して耐えて 頑張らなければならない」
という信念があることに気付かされました。

なーんだ、その思い込みはもう要らないよ。と股関節は教えてくれていたのね。
と、あらためて、体に対して 
今は感謝の気持ちにがにわかに沸き起こっております。

気付いたら即手放す、
そしてビリーフチェンジ。
信念の書換えに有効な惑星の周波数は?

ずばり「天王星(ウラヌス)」
天王星は「革新、改革」をもたらす星です。
不必要な信念を断ち切って 新しい可能性の扉を開く。

Hi-Uranus天王星の周波数が入るアロマ音叉のプロトコルは
ずばりずばり「心臓血流バージョン」

ちょうど
固有の振動数について
先日のセミナーで取り上げお伝えしたばかりでした。

感情を伴った信念は
心臓の鼓動に記憶されるのでしたね。

例えこれまで馴染みがあったものでも
新しい可能性を開く上で思い切って手放すことを
心臓血流バージョンは手伝ってくれることでしょう。

そして心臓・血流バージョンには
Sun(太陽)が3つも入るのです。
[ Sun, Hi-Sun1, Hi-Sun2]

「太陽(Sun)」のもたらすエネルギーは
自分自身。基本的な人生観、アイデンティティ
「あなたは何者か?」の問いに対する答えの部分です。

これはもう、次のステージへ向けて
新しい自分の可能性を開くときに
まず受けておきたいバージョン。

【喜びや幸せを呼び込んで
新しい自分を生きる】

これが心臓血流バージョンの
真のテーマなのですね。

ということで
「アロマ音叉療法・心臓血流バージョン」
2015年後半、Happyとラッキーを最大限もたらすために
おすすめのプロトコルです。

あなたにも
目醒めのための周波数が宇宙から
愛と共に降り注がれますように。

アロマ音叉療法各器官対応別プロトコル

最後までお付き合いくださりありがとうございます。

マイア

———☆—————☆★☆———★

☆今話題のメニューです。

古代失われた聖歌、ソルフェジオによるヴァイブレーショナルレインドロップ®
目醒めのための周波数はこちら
 ⇒ http://wp.me/P51X8O-Gx

あなたも音と香りの周波数療法を学んでみませんか?
アロマ音叉療法士養成ベーシック講座⇒ http://www.reservestock.jp/page/event_series/7692/ZjQxNmFkYzE4N/NmM5YmI0OTQ3M

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください