火星のエネルギーをアロマ音叉セラピスト的に見てみると

こんばんは。マイアです。

「最近、メルマガが届かないんですけど…。」

このようなお問い合わせをいただくなど
すっかりご無沙汰しててすみましぇん。。。

ここひと月ほど、新しいアロマ音叉療法の開発に
めいっぱい取り組み中でございました。

配信続けてまいりますので
どうぞお付き合いくださいね~

 

「スーパーマーズ」火星、ほんじつ地球接近!

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160531/k10010540551000.html

 

火星は地球からすると第1の外惑星で、
2年ほどの周期で太陽の周りを回っています。

31日の本日、ここ最近10年間のうちで
最も地球に近づくことになるのだそうです。

 

地球に天体から降り注ぐ惑星周波数の影響は、
私たち生物全てに及んでいると言われています。
(#惑星音叉)

 

 

【火星のエネルギーをアロマ音叉セラピスト的に見てみると】

 

Mars の周波数は144.72Hz・音階はD2/D.

 

機能としては、意志の力。集中したエネルギー。
情熱、生存、勇気、達成能力などなど。

関連部位は、筋肉、赤血球、鉄、副腎、炎症。

 

火星は、あなたが
「どのようなことに情熱を注ぐか?」というテーマが表れる星。

 

最近、何に対しても情熱が注げて無いな~って感じる方

火星の周波数が不足しているのかもしれません。

 

「情熱、やる気、モチベーション」というのは
本来、男性性の備わったエネルギー。

 

他にも、司るテーマとして
挑戦、主張、積極性、攻撃性、仕事と男性的な側面が強いので
女性はなかなか発揮しにくかったりもしますが

 

「意志の力で
自分の人生を切り開いていくために必要なエネルギー」

これが火星の持つ力

 

活力や人生を切り開く力を表す火星が活性化していない
そのことに無自覚だと
くすぶったエネルギーは様々な不調として現れやすいのです

 

若い頃、バリバリ仕事してた女性が結婚して家庭に入り
ただ旦那さまの扶助に甘んじた生活を送るようになると
途端に病弱になったりするなど

それは
火星エネルギーが使えていないことによるもの。

火星は運動や社会性を表す星でもありますから~。

 

インターバルで見てみますと
惑星音叉・OM/Mars (短2度16:15)

この組み合わせは、聴覚的には「不協和音」です。

 2音間の組み合わせに
どのような意味があるかと言いますと、

 

潜在意識にある、未だ使っていない(使えていない)能力を呼び覚まし
より望む現実を生きるため
体と心と感情・精神の全てから
今、目の前の障害を取り除く行動に駆り立てます。

 

この2つの音程は、私たちが抱えている不必要な負担をリリースし、
苦しい旅の終わりを告げてくれます。

変化を恐れる気持ちを動かし、

私たちに

勇気とエネルギーを与えてくれる組み合わせなのです。

 

 

やりたいのに出来ない
違うとわかっていてもノーと言えない
このままではダメだと思いながら行動に移せない。

 

そのようなとき
私たちの心の奥深くに潜むのは
”自信の無さ”です。

 

結果にとらわれ
うまくいかないかもしれないという
思いの根底に潜むのは何でしょう。

完璧に出来ないかもしれない
出来なかったらどうしよう
そんな自分は価値がない、と自分を責めるこころ。

 

やらなければならないことはわかっていても
つい大事なことから逃げてしまい
どうでもいいことに労力を使ってしまう。

 

試験前、ちょっと息抜きのつもりで単行本に手を出したら
朝まで読みふけってしまったとか
心当たりありませんか?

学生の頃、幾度となくやらかした経験が・・・^^;

 

無意識の領域で行われること
VS
意志の力

 

なかなかてごわい無意識の力。

 

意識3%、無意識97%と言われている領域ですから、
自分の頭で理解出来ていることなんて
これっぽっち。

 

思う通りの自分に
自分では、なかなか変えられないのは
ある意味仕方無いことかもしれません^^;

 

この無意識の領域に
やさしく働きかけてくれるのが
音や香りといった五感に訴えるアイテムたち。

 

OMとMarsの周波数は
モタモタした自分の背中を押してくれる
力強い組み合わせです。

 

※  アロマ音叉VRTの器官別プロトコル
「骨・関節バージョン」は
Marsの周波数をダイレクトに補充してくれるセッション。

火星の接近している今、
より結果を出しやすい療法かもしれません。

 

新アロマ音叉についても
これから
どんどんシェアして参りますのでお楽しみに

 

 

Follow me!