答えがもたらされるとき

おはようございます。 マイアです。

音の療法が私達にもたらす恩恵は
実にいろいろとあるようで
それはお一人おひとりに違いがあります。

個性がそれぞれ違うように
響きが必要な場所や 
響くところも様々です。

アロマ音叉療法の特性のひとつ
クライアントさまのみならず
提供させていただいているセラピストも
同様に調子が整うという現象があります。

音と香り
施術では 目的に応じ
精油と音叉を使い
特定の周波数を響かせていきます。

理科の実験で記憶に残っている方もいらっしゃると思いますが
同じ形と大きさの音叉を2つ用意して
少し離したところで片方を鳴らすともう片方も響き始める
というものがありました。

ここで起きているのは「共鳴」という現象です。

施術をお受けになられたクライアントさまや
提供するセラピストには 共通して
ある傾向がみられます。

直観が冴えるようになったり
シンクロニシティがおきやすくなったりするのも
そのうちのひとつです。

私達は 学校や社会の教育システムの中で
説明や理論を求められたり
数字で示す事や証明出来る事を鍛えられます。

ややもすれば根拠の無い「何となく~」という感じを
打ち消してしまうことが多々あります。

ハッキリと言い表せないんだけど
「○○のような気がする」
という ある意味 動物的な感覚。

それが「直観」と言われるもの。

「ピン」と来た!
と表現されるように
直観の認識は音に例えられます。

もちろん これは
イメージを例えて表しているのでしょうから
閃きが訪れたとき 脳内に一瞬沸き起こる
微細なエネルギーを表しているのでしょう。
(↑実際に音が聞こえる方も もしかしたらいらっしゃるかもしれませんね^^;)

騒音のない静かな空間に身をおくことで
直観はもたらされやすくなるというのは
よく知られていることです。

内面に耳を傾けることで
直観の“ピンと来る”音は 
さらに聞こえやすくなります。

音の療法を繰り返し行なっていると
繊細な周波数の違いを 耳や肌をセンサーにして
聞き分け(感じ)るので
だんだんと音に対して敏感になっていきます。

そして からだの声に耳を傾けることが
上手くなっていきます。

自分にとって、”良い感じ”というのが
瞬間的にわかったり
より大きな視点からものが見れるようになったり

目の前の現象に対し
自分で引き寄せたと思える余裕が出来てきます。

先人達がおっしゃるように
上手くいかなかったことにフォーカスするより
出来事のプラスの面を捉える視点を持つこと

自分の人生に責任がもてるようになると
物事がスムーズに動き出すというのは
本当のことかもしれません。

本日も
「ぴん!」という直観の音を聞いて
よい事をたくさん引き寄せてまいりましょう~^^

アロマ音叉療法施術の流れ

最後までお付き合いくださりありがとうございます。

マイア

———☆—————☆★☆———★

☆今話題のメニューです。

古代失われた聖歌、ソルフェジオによるヴァイブレーショナルレインドロップ®
目醒めのための周波数はこちら
 ⇒ http://wp.me/P51X8O-Gx

あなたも音と香りの周波数療法を学んでみませんか?
アロマ音叉療法士養成ベーシック講座⇒ http://www.reservestock.jp/page/event_series/7692/ZjQxNmFkYzE4N/NmM5YmI0OTQ3M

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください