肌は第3の脳

☆————————————☆★☆

◆女性の脳は肌にある

———☆—————☆★☆———★

これ、

女性の美学という美容ブログで以前話題になっていた記事です。

女性雑誌的にキレイになりたい女性向けにFB上に情報が発信されていて、そのタイトルに魅かれ何気なく見てみると…。
「女性らしいきめ細かな心遣い 相手の気持ちを察して、その場の空気を読む感覚、もしかすると、皮膚感覚が鍛えられているかどうかで、この差が生まれているのかもしれません。」
というようなことが書かれていました。
ふむふむ、それはあるかもしれませんね〜。と私(独り言^^)

*皮膚感覚とは?

皮膚には触感や温度、痛みといった「五感」を感じる神経があるのは、よく知られています。そのような「五感」だけでなく、「心地よさ」「気持ちの悪さ」「怖さ」などの感覚も肌で感じているといわれています。

例えば、

「マッサージされると気持ちいい」
「お風呂に入ると、のんびりする」
「触るとゾッとして鳥肌がたった」

こんな風に「肌がそう感じた」としかいいようのない感覚ってありますよね。
これらは「皮膚が感じた感情」の表れ。
実は、肌は脳と同じような「考える臓器」なのです。

ちょっと科学的なお話になりますが・・・。
人間の肌には微弱な電流が常に流れていて、その電流は「気分や感情」によって変化しています。

また、肌には脳内物質の受容体があり「セロトニン」「ドーパミン」「アドレナリン」などを受け取って、色々な事を感じています。ちなみに「セロトニン」は癒しや幸せ感「ドーパミン」は快感や意欲「アドレリン」は興奮させ活動的にしてくれる脳内物質です。

肌はまさに「自分で感じて、感情を作りだす」事ができるのです!

これらの感覚は男性よりも、女性や子供の方が敏感。
女性独特の「細やかさ」や「女の勘」は、このような皮膚感覚の鋭さからきています。
女の脳は肌にあると言っても、過言ではないでしょう!(josei bigaku.jpより)

なるほど、なるほど〜。

以前、東大大学病院の循環器系の現役Dr.でアドバンスの講師としても御越し頂いたことのある稲葉俊郎先生からすすめられて、資生堂の主任研究員,傳田光洋さんの「第三の脳 −皮膚から考える命、こころ、世界」朝日出版社を読んだことがありました。

「皮膚と心はつながっている」
「たたみ一畳分の大きさ、重さ約三キロ—・—皮膚は人間の最大の「臓器」だ」
「色を識別し、電波を発信し、情報処理を行う表皮細胞」
「感じるだけが皮膚の仕事ではない」
「皮膚は脳にも匹敵する、いまだ知られざる思考回路である」
「他の臓器を内臓というのに対して皮膚は外蔵である」
とあり、
「脳と表皮は生まれが同じ」
なんだそうです。

肌で感じることの多い私たち女性はきっと、これらのフレーズは納得ですね。

Follow me!