2日間で人を癒すセラピストになる方法

4人にひとりはストレスを抱えていると言われる現代社会
癒しを提供出来るセラピストは
女性に人気の職業のひとつです。

本日はちょっと固い書き出しです。

真面目にお伝えしたいことなので
少々長くなりそうです。

セラピストさんと
セラピストになりたい方に向けて書いてます。

ご興味のある方は
どうぞお付き合いくださいね。

私が米国より持ち帰った
「アロマ音叉療法」といわれる
セラピーテクニックについてのお話しです。

アロマ音叉療法習得講座では
今人気のセラピーというお仕事を
2日間で身に付く方法をお伝えします。

何故たったの2日間で
癒しを提供する技術が身に付くのか?

 
それは
癒しの周波数に整える
「もの」を使っていくからなんです。

そして、それを語るには
「癒しとは?」
について触れておく必要がありそうですね。

私が十数年間このお仕事をやらせていただいて、
癒しには
とある法則があることに気付きました。

皆さんそれぞれお気に入りの
「マイ癒し」を持っていらっしゃるかもしれません。

これやると一発でいやされるのよね〜。
というような。

法則ですから
最後まで読まれると
そのこととの共通点も見出せるハズです(^ε^)♪

ストレスを感じている人は多かれ少なかれ
”緊張している”状態にあります。
〈交感神経が優位〉などとも表現されますね。

脳内物質(セロトニンやドーパミンやノルアドレナリン)
といった三大神経伝達物質の
バランスが崩れている状態だとも。

こんなときって
どのような症状がおきるのか?

たとえば
睡眠の質が悪くなったり
気分が落ち込む
つかれやすい
原因不明の痛み

頭痛や首肩のこり、腰痛などは
自覚しやすいかもしれませんが

食欲の有る無しの変動が大きいとか
イライラする、怒りっぽい、無気力、

 
何もしたくないなどの反応として現れる場合は
もしかしたら実感し難いかもしれませんね。
 

自分で自分をコントロールし難くなっていく
ちょっと危なっかしい状態です。

(これが現代人はなんと4人にひとりという割合なんだそうです〜(((゜д゜;))))

危なっかしいということでの崖写真です

これらの症状がおきるときというのは
つまり、体や精神がゆるんでいないです。

なので、その緊張した体や精神を
一旦、芯からゆるめてあげることが必要です。

ではどうやったらゆるめることが出来るのか?

 
 

私個人の経験からすると
お腹の底からバカ笑いをする。

これ、いっぺんにゆるみます(=⌒▽⌒=)(笑)

(ひとりで突然のバカ笑いは気を付けた方が良いかと
周りを見渡してからにしましょうね^^;)

そうは言っても
他人の力を借りて行なう癒しというのはまた別格です。

 
 
ここで先ほどの癒しの法則について話を戻しますと

とある前提が揃うとき
癒しがおきやすいようなんです。

その前提、(「条件」と置き換えても良いかもしれません)
とは?

嗅いで
聞いて
触れる

つまり
心地良い香りや純音、人の手による温もり

 
この3方向のアプローチが揃ったときに
癒しがもたらされるのです。

これらの五感が同時に刺激されたとき、
張りつめていた交感神経は一旦弛み
リラックスが自動的に訪れやすくなります。

ポイントは何か?

 

五感の中で”視覚を休ませる”
というのが大事なポイントのひとつです。

これは「頑張らなければ病気は治る」の著書
精神科医の樺沢先生がおっしゃっていたのですが

現代人はスマホやPC等、目からの刺激が
以前に比べ何倍にも駆使されているから

だから意識的に視覚から〜脳への回路を
シャットアウトしてあげることが
必要なんだよね。

とのこと。

 

同時に私が感じたのは
現代人は自分が自分に還るための時間が
圧倒的に少ない。
ということです。

PCやスマホなど
コンピュータから来る情報は電磁波を伴って
何万Byte(バイト)という
巨大な量の信号が瞬間的に脳に流れ込みます。

その信号が脳に残ったまま
食事をしたり、お風呂に入ったり、ベッドで横になったりしても、
実は脳が休んでいないんですって。

脳内はいつでも情報の渦に晒されていて
活動状態にあるわけなんですね。

つまり、
悩みや苦しみの渦中にあるときも同じですが
そのことがグルグルと脳内を駆け巡っていて
自分固有の周波数に戻れていない状態です。

これは困りますね。
リセットできなければ疲れはどんどん溜まります。

ではどうしたら良いのでしょうか?

 

ひとつには
脳がリラックスするための
「特別な空間」と「特別な時間」を与えてあげることです。

自然に触れることや
心許せる人
愛する人との語らいなど
(これ重要です(o^-‘)b)

人がリラックス出来たと感じる時
脳内ではα波が出るそうなんですが

α波の状態での10分の休息は
2時間、或はそれ以上休んだことに
匹敵すると言われています。

α波がでるようなことって
瞑想中や
ひとつのことに集中で来ているときもそうですが

好きな音楽や旋律の美しい曲を聞いたり
小川のせせらぎや木々のふれあう音などの
自然な音を耳にしたり

キレイな景色を見た時
大好きなおいしいモノを食べた時
自然の風に触れ心地いい時

マッサージなどをされている時
花やアロマのいい香りを嗅いだ時などです。

エンドルフィンという

身体にとてもいいと言われるホルモンが
出るんですって。

こんな風に、
視覚・味覚・聴覚・触覚・嗅覚

いわゆる「五感」というスイッチを使って
脳に刺激を与えること。

そうすると脳によい物質が
放出されやすくなるんだそうです。

あなたのお気に入りのマイ癒しと

リンクしてました?

アロマ音叉療法には

良い香り
純音
ハンドタッチのトリートメント

心身の休息状態をもたらす要素から出来ています。

だからこそ
お子さんからお年を召した老人まで
幅広い層の方に喜んでいただける療法なんですね。

香り(精油)と音(音叉)を使うことで
誰でも短日時でセラピストになれる

その方法を講座の中でお伝えしています。

《このような方へおすすめです》

・身近に癒したい人がいる方
・音と香りのもたらす可能性に触れたい方
・強力な癒しの手法をメニューに取り入れたい方
・既に提供されている今のセラピーに音と香りを取り入れたい方

【アロマ音叉療法ベーシック講座】
https://5kan.tokyo/ベーシック講座-2/

2日間も時間が取れない〜。
と言われる方のために
入門講座(2時間)を開きます。

アロマ音叉療法とは?に
触れにいらしてください。

■日時:2015年12月5日(土)13−15
場所:永福町・フォレストブライトサロンにて
持ち物:筆記用具
料金:3,000円(テキスト付き)

ピンと来た方は

info@5kan.tokyoまで
お問い合わせ・お申し込みください。
 
 
 
長くなりました。
本日もお付き合いいただきありがとうございました。

☆.*・゜・*:.。.:*・*.☆.

 

アロマ音叉療法

〜輝くあなたを応援します〜
 
JFSTA  佐藤亜伎子

☆.*・゜・*:.。.:*・*.☆.

 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ◆一般社団法人 日本五感療法協会◆
  info@5kan.tokyo
  【HP】 https://5kan.tokyo/
  【FBページ】https://www.facebook.com/5sensus
  Tel:090-4022-2290/03-5913-8484
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください