528Hzのすごい話しを聞いちゃいました

昨日は念願叶い、音楽療法の第一人者でいらっしゃる
埼玉医科大学教授・理学博士 和合治久先生の
日本臨床音楽研究会主催
免疫音楽医療〜自律神経・健康・音楽〜セミナーに参加して参りました


新刊だそうです。これはわかりやすい!

和合先生のお話しの一部をほんの少しご紹介しますと・・・。

ーーーーーーーー

ストレスがかかると脳の神経細胞に乱れた信号が発生する。
すると、神経細胞から放出される伝達物質のバランスが崩れる。

その状態が脳と免疫系に悪影響を及ぼす。

脳にどんな影響があるかというと
喜び、悲しみ、怒り、楽しみなどの情緒が不安定になり
ものごとを正しく判断することが出来なくなるなどである。

これだから、状況判断を誤り、失敗しやすくなる。
この失敗によって責任を追求されたり、
罰せられることでさらなるストレスを生む。
(続く)


レジュメもたっぷり。

ーーーーーーーー

ここからは
体内でどのような変化がおこなわれていくか
ということと

ではどう免疫力を高めるか

どう過敏反応を抑えるか

音楽が治療として
どのように活用の可能性を秘めているか

データーを元にわかりやすく教えていただきました

和合先生は医学博士なので
私たちセラピストが手肌の感覚として捉えていることを
免疫学という専門分野から、科学的に解明していらっしゃいます。

それは心強いヾ(@°▽°@)ノ!

セラピーやヒーリングと医療が融合されるのは
こういうことか〜。

そのヒントを
たくさんいただいて参りましたよ(o^-‘)b

もちろんデータで示される部分も
たっぷりと(好評可能な範囲ということでしたが)

「まだ発表はしていないんだがね」

ということで
528Hzに関しての実験結果を
こっそりお話しくださいました(^ε^)♪

植物を使った実験データらしいのですが

528Hzの周波数によって
ある働きかけが行なわれると
○○だったのが□□□になっていくという。。。

これ、
人体(生命体)でも同じことがおきますよね?

もちろん。

わお〜、そうなんだあ。
へええ〜すごいなあ ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

もう〜、これはやるっきゃないでしょう!
528Hz、恐るべし!

ソルフェジオ研究会としては
こちらの実例をどんどん実証していかねば
と、やる気スイッチMAXになった瞬間でもありました

ということで
アロマ音叉療法最初の一歩

まずは
アロマ音叉療法ってなあに?
を知っていただくために12月5日(土)13−15

入門講座を開催します。

 
 

 

11月も最後の週末

2015年も残すところ 

ひと月余りとなりました。

今年を振り返ってみて

年の初めに立てた目標は

無事に達成されましたか?

もしも、

「今年は癒しの技術を身につけたい。」

「人を癒せる資格を取ろう。」

と、年頭に掲げたプランが

そのままになっている方がいらっしゃいましたら

未だ間に合うかもしれません。

来年以降〜、本格的な活動を!

と、お考えの方も

準備は今年のうちにすすめるべしです^^♪

 

詳しくはこちらをご覧くださいね
↓ ↓ ↓

https://www.facebook.com/events/419367471603604/

☆.*・゜・*:.。.:*・*.☆.

 

アロマ音叉療法

〜輝くあなたを応援します〜
 
JFSTA  佐藤亜伎子

☆.*・゜・*:.。.:*・*.☆.

 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ◆一般社団法人 日本五感療法協会◆
  info@5kan.tokyo
  【HP】 https://5kan.tokyo/
  【FBページ】https://www.facebook.com/5sensus
  Tel:090-4022-2290/03-5913-8484
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください